古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

独鉱工業生産指数、4月は前月比0.8%上昇 予想上回る

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/08

[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツ経済省が発表した4月の鉱工業生産指数は前月比0.8%上昇し、0.1%低下(上方改定後)した3月からプラスに転じた。上昇率は予想の0.5%を上回った。

エネルギーや中間財の生産が伸びた。一方、建設活動や消費財の生産は軟化した。

INGのエコノミスト、カーステン・ブレゼスキ氏は「ドイツ経済の回復は9年目に入っており、この回復が突然停止する兆候は見当たらない」と指摘。「4月の鉱工業生産指数はこうした状況を裏付けるだけでなく、回復がさらに加速する可能性を示唆している」と述べた。

経済省は鉱工業生産について、上向きの傾向が続いているとし、堅調な注文・販売状況に加え、力強い業況感が鉱工業・建設部門の改善持続を示唆していると指摘した。

サル・オッペンハイムのエコノミスト、ウルリケ・カステンス氏は、鉱工業部門が好調に第2・四半期のスタートを切ったと述べ、第2・四半期の成長率は概ね第1・四半期と一致するとの見方を示した。

第1・四半期の独国内総生産(GDP)は前期比0.6%増だった。

*内容を追加しました。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon