古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

猫夢中の新おもちゃ「にゃんけり棒」で遊ぶ我が家の猫たち

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/03
猫夢中の新おもちゃ「にゃんけり棒」で遊ぶ我が家の猫たち © KADOKAWA CORPORATION 提供 猫夢中の新おもちゃ「にゃんけり棒」で遊ぶ我が家の猫たち

かふかのお気に入りは「猫すりばち」と「にゃんけり棒」。抱きかかえております(2017年5月 富士フイルム X-T2) かふかのお気に入りは「猫すりばち」と「にゃんけり棒」。抱きかかえております(2017年5月 富士フイルム X-T2)  群馬県利根郡みなかみ町……要するに水上温泉だ。水上温泉の最寄り駅、JR水上駅から歩いて5分くらい、利根川のほとりに「nahele(ナヘレ)」という雑貨屋さんがある。  そのお店のハンドメイド品に「にゃんけり棒」なるユニークな……なんといえばいいのだろう、猫用抱き枕っぽいアイテムがあるのである。  知人が見つけて教えてくれたのだ。  たまたま水上へ行く用事があったので、ちょっと時間を作ってその雑貨屋さんへ足を伸ばし、入手したのが冒頭写真でうちの「かふか」が抱え込んでる細長い座布団のような代物。  実はこれ、中にキャットニップが入っているのだ。キャットニップは「西洋マタタビ」と呼ばれるくらい、ネコが好む草なのである。  猫を興奮させる物質が含まれているんだそうな。「またたび」ほど強力ではないけど、猫によってはすごく反応するらしい。  それをクッションのようにした猫用オリジナルグッズが「にゃんけり棒」なのだ。  なぜ「にゃんけり」なのか。  次の写真をごらんあれ。 抱きかかえた「にゃんけり棒」を両足キックした瞬間。シャッタースピード1/400秒でもぶれてるけど、躍動感ってこと(2017年5月 富士フイルム X-T2) 抱きかかえた「にゃんけり棒」を両足キックした瞬間。シャッタースピード1/400秒でもぶれてるけど、躍動感ってこと(2017年5月 富士フイルム X-T2)  かふかが思い切り蹴ってる。両前足で抱きかかえて後ろ足で猫キック! これぞ「にゃんけり」。  私は勝手に「猫用抱き枕」と呼んでるのだけど。  わざわざ水上で買ってきて、うちの猫の前にそっと差し出したときの写真がこちら。 最初はおそるおそる匂いを嗅ぎにきた大五郎。それを見てカーテン裏から飛び出てきたかふかの図(2017年5月 富士フイルム X-T2) 最初はおそるおそる匂いを嗅ぎにきた大五郎。それを見てカーテン裏から飛び出てきたかふかの図(2017年5月 富士フイルム X-T2)  楽しんでくれるといいなあと思いながら見ていると、まず白黒の爺さん猫、大五郎がそーっとやってきてくんくんと匂いを嗅ぐ。  そこにかふかも合流して2匹でくんくん。 匂いに誘われてくんくんしはじめた2匹。まだ及び腰気味(2017年5月 富士フイルム X-T2) 匂いに誘われてくんくんしはじめた2匹。まだ及び腰気味(2017年5月 富士フイルム X-T2)  でもより強く反応したのは若いかふかの方だった。もう両前足で抱え込んで離さない。 ペロっと舌を出した瞬間。もう離さないぞと抱え込んでる姿が。猫が抱え込みやすいサイズに作ってあるのだ(2017年5月 富士フイルム X-T2) ペロっと舌を出した瞬間。もう離さないぞと抱え込んでる姿が。猫が抱え込みやすいサイズに作ってあるのだ(2017年5月 富士フイルム X-T2)  これを作ったnaheleの人によると、やはり猫によって反応はまちまちで、あまり反応しない猫もあれば、ひたすら舐める猫もいるし、抱きかかえて蹴る猫もいる(かふかはこれだ)そうな。  試しに作ってみたら好評だったので、キャットニップを仕入れ、猫柄の布を探してきてはこうして作って売っているとか。  うちのかふかはというともう大興奮。見てると面白くてしょうがない。抱きかかえて舐めてみたり。 さすが「西洋またたび」の異名を持つハーブ。とりあえず舐めてます。もう目が真剣(2017年5月 富士フイルム X-T2) さすが「西洋またたび」の異名を持つハーブ。とりあえず舐めてます。もう目が真剣(2017年5月 富士フイルム X-T2)  ひとりプロレスはじめてみたり。  小さな子供が、座布団や枕とひとりで格闘して遊んでるような感じだ。 えいっと投げる瞬間……のように見えるけど、実際にはひたすら格闘中。手足はぶれてても顔がしっかり止まってれば、躍動感がある写真になるので問題なし。ちょっとはしたない格好だけど(2017年5月 富士フイルム X-T2) えいっと投げる瞬間……のように見えるけど、実際にはひたすら格闘中。手足はぶれてても顔がしっかり止まってれば、躍動感がある写真になるので問題なし。ちょっとはしたない格好だけど(2017年5月 富士フイルム X-T2) 暗い部屋でうまく撮影する場合は2つの方法がある!  さてさて、こんな面白い姿をさらしてくれるとなると写真に撮りたいわけだが、撮影シチュエーションとしてはかなり難易度が高い。  ひたすら格闘するので、シャッタースピードを速くしないとブレまくって写真にならないのである。でも室内は暗いのでシャッタースピードを上げるのは難しいし、AFも合いづらい。  猫にフラッシュは使いたくない。  さあどうするか。  手は2つ。1つは機材パワーでナントカしちゃう。高感度に強くてAFが速いカメラを使って部屋が多少暗くても力業でねじ伏せる。  今回の写真はこっち系。多少画質が劣化しても構わず、ISO感度とシャッタースピードを上げて撮影。  もう1つは部屋を明るくしちゃう。より明るい電球に交換するとか、照明を増やすとか。そうすればスマホだろうがコンデジだろうがOK。明るい方が撮りやすいし。  そのとき、照明の色を合わせること。一般に白色・昼白色・昼光色とあるけれども、白色よりは昼白色か昼光色の方が撮影にはいい。  もし窓が大きくて明るい部屋に住んでたら……うらやましい。  さて、無邪気系のかふかはひたすら興奮して格闘して大騒ぎで観てて楽しいのであるが、お年を召した大五郎はどうか。  気持ちよさそうにすりすりして満足したのであった。 興奮して戦うかふかに対し、じんわりしみじみと香りを楽しんでる大五郎。この違いがまた楽しい(2017年5月 富士フイルム X-T2) 興奮して戦うかふかに対し、じんわりしみじみと香りを楽しんでる大五郎。この違いがまた楽しい(2017年5月 富士フイルム X-T2)  もし水上へ行くことがあれば(温泉目当てでもSLみなかみ目当てでも)、猫へのお土産としておすすめです。 筆者紹介─荻窪圭 老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/

猫夢中の新おもちゃ「にゃんけり棒」で遊ぶ我が家の猫たち

猫夢中の新おもちゃ「にゃんけり棒」で遊ぶ我が家の猫たち
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon