古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

理想の最強PCに! Core XのハイエンドPCをBTOでさらに爆速カスタマイズ

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/10/05
理想の最強PCに! Core XのハイエンドPCをBTOでさらに爆速カスタマイズ © KADOKAWA CORPORATION 提供 理想の最強PCに! Core XのハイエンドPCをBTOでさらに爆速カスタマイズ

「LEVEL-FA29-LCi7SX-XNVI」 「LEVEL-FA29-LCi7SX-XNVI」  パソコンに興味があるなら、多コアCPUのCore Xシリーズが気にならない人はいない。そして、高速なCPUを使うのであれば、それに見合うようストレージはNVMeのSSDにしたいし、メモリーも64GBは欲しい。光学ドライブは……といったように、どんどんとほしいスペックが具体的になっていく。とはいえ、パソコンのスペックを考えたところで、理想通りの1台が売っていることはまずなく、大抵の場合は近いもので妥協することになる。  イチからパソコンを自作できるような人であれば自分で何とかできるだろうが、みんながみんな自作できるわけでもない。そこでおすすめなのが、パソコンメーカーのBTOパソコンだ。基本スペックは決まっているものの、豊富なパーツから選んでカスタマイズできるため、より凝った、理想に近いパソコンが手に入れられるのだ。 熱がこもらない大型メッシュケースに水冷クーラーが標準の「LEVEL-FA29-LCi7SX-XNVI」をベースにカスタマイズ  ゲームからクリエイティブな作業まで、万能に使える最強クラスの性能を持つパソコンを考えてみよう。CPUは10コアの「Core i9-7900X」、グラフィックはGeForce GTX 1080Tiあたりが必須条件で、あとはこのハイエンドパーツをしっかりと動かせる環境として、熱を逃しやすいメッシュケース、CPUを強力に冷却できる水冷クーラーあたりがほしいところだ。  この条件を満たしたBTOパソコンを探してみたところ、iiyamaPC LEVEL∞の「LEVEL-FA29-LCi7SX-XNVI」にたどり着いた。とくにメッシュを多用した「CoolerMaster MASTER CASE 5」は通気性に優れており、高スペックなパソコンにピッタリといえるだろう。また、標準でGPUがGeForce GTX 1080Tiということ、水冷クーラーを搭載していることもポイントだ。つまりCPUさえ変更すれば、理想のスペックそのものになる。 前面、天面、背面がメッシュで通気性に優れた「MASTER CASE 5」がっしりと重量感があり、振動によるビビリ音もほとんどない 前面、天面、背面がメッシュで通気性に優れた「MASTER CASE 5」がっしりと重量感があり、振動によるビビリ音もほとんどない  まずはCPUからカスタマイズしていこう。標準では6コアの「Core i7-7800X」だが、これを10コアの「Core i9-7900X」に変更。メニューから変更したいパーツをクリックするだけでいいという、非常にわかりやすいものだ。また、カスタマイズしたパーツは右上に「カスタマイズ済み」と出るので、何を変更したのかわかりやすいのもうれしい。 BTOパソコンのいいところは、スペックを好きに変更できる点。CPUを変更するのも、メニューから選ぶだけでいい BTOパソコンのいいところは、スペックを好きに変更できる点。CPUを変更するのも、メニューから選ぶだけでいい  このCPUを冷却するのは、Asetekの簡易水冷クーラー「550LC」。12cmのラジエーターとポンプが一体化されており、メンテナンスフリーで使えるのが特徴だ。対応するCPUの幅が広いので、BTOパソコンや自作パソコンで多く使われている、実績のあるパーツだ。高速なCPUを搭載するのであれば、強力に冷やせる水冷クーラーだと安心感がある。 12cmのラジエーターが一体化されている水冷クーラー。CPUから出た熱は液体にのって移動し、ラジエーターから直接外部へと排出される 12cmのラジエーターが一体化されている水冷クーラー。CPUから出た熱は液体にのって移動し、ラジエーターから直接外部へと排出される  これでほぼ理想のスペックとなったが、もうひとつこだわっておきたいポイントがある。それが、SSD。標準で250GBのNVMe対応SSDとなっているのだが、同じNVMeでも製品によって速度が違い、とくにライト性能が大きく変わってくる。  せっかく高速なCPUを使うのであれば、SSDもそれに見合うものにしたい。そこで、SSDは「Samsung 960 EVO」へと変更した。容量も250GBから500GBに倍増するため、容量面でもかなり余裕を感じるだろう。 超高速SSDのSamsung 960 EVO。NVMe対応のSSDの中でも屈指の速さとなるため、速度を重視するなら可能な限り選びたい 超高速SSDのSamsung 960 EVO。NVMe対応のSSDの中でも屈指の速さとなるため、速度を重視するなら可能な限り選びたい  GPUは標準でGeForceGTX 1080 Tiとなっているモデルを選んでいるので変更はなし。実際に搭載されているグラボはASUSの「TURBO-GTX1080TI-11G」で、ファンの軸受に2つのボールベアリングを採用した“デュアルボールベアリングファン”仕様となっているのが特徴だ。これによりファンの寿命が伸び、長期間安心して使えるのがうれしい。出力はDisplayPort 1.4×2、HDMI 2.0×2の合計4つを備えている。 GPUはGeForceGTX 1080 Tiが標準。ほとんどのゲームを不満なくプレーできる、ハイエンドクラスの性能をもつ GPUはGeForceGTX 1080 Tiが標準。ほとんどのゲームを不満なくプレーできる、ハイエンドクラスの性能をもつ  最終的にどんなスペックのパソコンとなってるのかまとめておこう。最強クラスの性能となるため価格はかなり高くなってしまっているが、どんな用途でも不満なく使えるのは間違いない。 本体背面 本体背面 試用機の主なスペック 機種名 基本スペック カスタマイズ後 CPU Core i7-7800X(2.5GHz) Core i9-7900X(3.6GHz) グラフィックス GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X) チップセット X299チップセット(ASUS X299-A) メモリー 64GB ストレージ 250GB SSD NVME M.2(PCI Exp.3.0×4)、1TB HDD 500GB SSD(Samusung 960 EVO)/NVMe M.2(PCI Exp.3.0×4)、1TB HDD 内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ 通信規格 有線LAN(1000BASE-T) インターフェース USB 3.0端子×6、USB 3.1端子、USB 3.1(Type-C)端子、USB 2.0端子×2、DisplayPort 1.4×2、HDMI 2.0端子×2、アナログ8chサウンド、有線LAN端子、S/PDIF出力端子など) サイズ およそ幅235×奥行520×高さ550mm OS Windows 10 Home(64bit) 価格 31万6418円 42万6535円 ※価格や採用パーツのメーカーは10月3日現在のものです。時期によって変動する場合があります。 BTOでカスタマイズした「LEVEL-FA29-LCi7SX-XNVI」の実力をチェック  理想のスペックで選んだBTOパソコンだけに、その性能が気になるところ。CPU、ゲーミング、ストレージの個別性能と、パソコン全体の性能をチェックしていこう。  まずはCPUから。定番の「CINEBENCH R15」を使って性能を見てみよう。このベンチマークソフトは、CGレンダリング性能からCPUの性能を測ってくれるものだ。画面を分割して計算していくことから、マルチスレッド処理に強いものとなっている。 マルチコアのスコアーが2000cbを超えているというのは、軽くショックを感じるほど。通常のパソコンでは1000cbを超えることすら難しい マルチコアのスコアーが2000cbを超えているというのは、軽くショックを感じるほど。通常のパソコンでは1000cbを超えることすら難しい  結果はマルチコアで2194cb、シングルコアで193cbとなった。多くのゲーミングパソコンなどで使われているCore i7-7700Kのスコアーが、マルチコアで980cb前後。単純計算で2倍以上という性能は、Core i9-7900Xがどれだけ化物なのかがよくわかる結果だろう。CINEBENCH R15のスコアーで2000cbを超えるというのはそうそう見られるものではないだけに、CPU性能を重視する人なら、買ってよかったと感じる瞬間だ。  少し不安があるとすれば、水冷クーラーで本当に冷えているのかということ。高速なCPUなだけに発熱が多く、高温になりやすいだけに当然の心配だ。そこで、「CPU-Z」のストレステスト機能を使ってCPUに高負荷をかけ、15分ほど経った後の温度をチェックしてみた。ちなみにCPUの温度は「HWiNFO」を使い、「CPU Package」の値をセンサーから読み取っている。 CPU-ZはCPUの情報を調べるときに利用するツールだが、実はベンチやストレステストなどの機能も装備しているのだ CPU-ZはCPUの情報を調べるときに利用するツールだが、実はベンチやストレステストなどの機能も装備しているのだ CPU Package温度を見てみると、最大で81度に。CPU-Zのストレステストはかなり負荷が高いので、この温度は優秀だ CPU Package温度を見てみると、最大で81度に。CPU-Zのストレステストはかなり負荷が高いので、この温度は優秀だ  CPU-Zのストレステストはかなり厳しいもので、通常の利用ではここまで温度が上がることはないと断言できるほど。それだけ負荷の高いものなのだが、CPU温度は最高で81度までしか上がっておらず、余裕すらある結果だった。静かな水冷クーラー、しかもラジエーターは12cmと小さめだが、Core i9-7900Xを動かすのに十分な冷却性能があるようだ。  続いてゲーミング性能を見ていこう。こちらも定番の「3DMark」(Fire Strike、Time Spy)と「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」で性能をチェックした。 DirectX 11を使ったテスト。負荷の軽いテストということもあって、スコアーは堂々の20000超え DirectX 11を使ったテスト。負荷の軽いテストということもあって、スコアーは堂々の20000超え DirectX 12を使ったテスト。かなり負荷が高いテストのはずだが、今回試したCPUとグラボの組み合わせでは滑らかな表示で余裕が感じられた DirectX 12を使ったテスト。かなり負荷が高いテストのはずだが、今回試したCPUとグラボの組み合わせでは滑らかな表示で余裕が感じられた 多コアCPUではスコアーが振るわないものの、「非常に快適」となる7000は余裕で超えているあたり、さすがである 多コアCPUではスコアーが振るわないものの、「非常に快適」となる7000は余裕で超えているあたり、さすがである  実は多コアのCore i9-7900Xはゲームベンチマークがあまり得意ではなく、Core i7-7700Kよりも低い値となることがほとんど。ゲームではCGのレンダリングなどと違って、CPUパワーが必要となるシーンがそれほど多くなく、コアが余っている状態になりやすい。  ではCore i9-7900Xは必要ないかといえばそうでもない。コアが余っているということは、裏を返せばほかの処理をしていてもゲームへの影響が少ないわけだ。実際、別カメラの映像を合成して配信するゲーム実況ではCPUの負荷が高くなり、肝心のゲーム画面がガクガクになってしまうといったこともあるのだが、Core i9-7900Xなら余裕でこなせるだけのパワーがある。高画質配信だとさらに負荷が高くなるだけに、このCPUパワーが頼もしい。  ストレージの性能は、速さで定評のある「Samsung 960 EVO」をBTOで選んだだけに、かなり期待できる。この速度を「CrystalDiskMark」を使ってチェックしてみよう。 シーケンシャルリードの性能は、さすがNVMe。2GB/s超えのリードなんかは、SATA接続では絶対に見ることができないものだ シーケンシャルリードの性能は、さすがNVMe。2GB/s超えのリードなんかは、SATA接続では絶対に見ることができないものだ  SATA接続のSSDはインターフェースの制限から、速くても550MB/s前後くらいが限界なのだが、NVMeとなるSamsung 960 EVOなら、その限界を軽く突破。シーケンシャルリードで5倍近く、ライトでも3倍近くも高速だというのだから驚きだ。同じNVMeでもシーケンシャルライトで1000MB/sを超える製品は少ないだけに、速度にこだわるのならSamsung 960 EVOを選んでおけば間違いないだろう。  最後のテストは総合性能。6月に出たばかりの「PCMark 10」でスコアーをチェックしてみよう。PCMark 10は、複数のソフトを使って様々なテストを繰り返し、総合的な性能をチェックしてくれるベンチマークソフトだ。 多コアCPUということもあり、とくにDigital Content Creationのスコアーが高めだ 多コアCPUということもあり、とくにDigital Content Creationのスコアーが高めだ  「Essentials」はソフトの起動やブラウザーの利用など、基本性能に関するテストが行なわれる。マルチスレッドの効果が薄いのであまりスコアーは高くならないが、ストレージが高速ということもあって、意外と健闘している。「Productivity」は、オフィスソフトなどビジネスユースでの性能を見るテスト。こちらもあまり多コアCPUが有利にはならないため、スコアーは控えめだ。  最も多コアが活きるのが「Digital Comtent Creation」だ。CGレンダリングや写真・動画編集といったCPU性能が大きく影響する項目が並ぶだけに、このスコアーはかなり高くなる。  テストが終わるまで不安定な動作は一切なし。高負荷時のCPU温度は先にチェックして問題ないことはわかっているが、総合性能ベンチでPCのあらゆる部分に負荷をかけた場合でも、安定して動作してくれた。 さらなる高性能を目指せるか!?簡易オーバークロックでお手軽高速化に挑戦  すでに最強クラスの性能となるスペックのはずだが、できることなら更に上の性能を見てみたいと思うのが人情だろう。そこで、マザーボードに搭載されている簡易オーバークロック機能を使って、どのくらい性能が上がるのかを試してみた。  搭載されているマザーボードは、ASUSの「PRIME X299-A」。このマザーボードのUEFIには「EZ System Tuning」という機能があり、プロファイルを選択するだけでオーバークロックが試せる。通常は「Power Saving」になっているこのプロファイルを「ASUS Optimal」へと変更し、どのくらい性能が変わるのか見てみよう。 UEFIから手軽に設定できるOC機能がEZ System Tuning。クリックするだけでいいという手軽さは、拍子抜けするほどだ UEFIから手軽に設定できるOC機能がEZ System Tuning。クリックするだけでいいという手軽さは、拍子抜けするほどだ 動作クロックの大幅上昇で性能がアップただし、CPUの温度には注意  設定方法は、起動時に「Delete」キーを押してUEFIの設定画面を表示。あとはEZ System Tuning部分をクリックし、「ASUS Optimal」に変更するだけという手軽さだ。これだけで、CPUがオーバークロックされた状態で動作するようになる。なお、手軽ではあるが完全に自動設定となるため、最悪動作しない場合や、CPUなどパーツが壊れてしまう危険もあるので、自己責任となる。  では、早速効果を見てみよう。まずはCPUがどのくら高速化したかを「CINEBENCH R15」でチェックした。 マルチコアのスコアーが2393cbとかなり伸びている。性能的にはコアが1つ増えたような感覚だ マルチコアのスコアーが2393cbとかなり伸びている。性能的にはコアが1つ増えたような感覚だ  マルチコアのスコアーは、元の2194cbから2393cbにまでアップ。また、動作クロックが上昇していることからシングルコアでのスコアーも193cbから201cbまでアップしていた。計算してみると、マルチコアでは約9%、シングルコアでは約4%の上昇だ。  Core i9-7900Xでは通常のターボブーストに加え、2つのコアだけさらなる高クロックで動作できるTurbo Boost Max Technology 3.0(TBM3.0)を搭載している。シングルコアの伸びが低いのは、元々TBM3.0による上昇幅が大きかったのだろう。  実際CPUの動作クロックがどのくらい変わっているのかを見てみたところ、デフォルトでは高負荷時に4GHzで動作していたものが、4.4GHzにまで高速化されていた。  続いてゲーミング性能としてファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを実行してみた結果が、次のとおりだ。 定格動作では振るわなかったFFベンチのスコアーだが、OC設定では一気に伸びた 定格動作では振るわなかったFFベンチのスコアーだが、OC設定では一気に伸びた  こちらのスコアーは13443から15335にまで上昇しており、上昇率でいえば14%とかなり大きい。CPUの高クロック化でボトルネックが緩和され、スコアーが上がりやすくなったのだろう。ただし、オーバークロックによる故障は保証対象外なので、完全に自己責任になる。オーバークロックを試す場合は、温度に十分注意したほうがいいだろう。 自分好みのスペック、構成に変えられる満足度  今回は最強スペックを目指してカスタマイズしてみたが、それに見合うだけの性能が発揮できていた。もちろん、カスタマイズの方向性は人それぞれ。CPUは6コアのCore i7-7800Xのままでメモリーを128GBへ倍増するとか、データ用のHDDを1TBから4TBへ増やす、なんていうカスタマイズも自由にできるのが、BTOパソコンのいいところ。  「ほしいスペックのパソコンがない!」と不満を持っているのであれば、自分好みのスペックに変えられるBTOパソコンのLEVEL-FA29-LCi7SX-XNVIを検討してみるのはどうだろうか。 ■関連サイト 製品情報 パソコン工房 (提供:ユニットコム)

理想の最強PCに! Core XのハイエンドPCをBTOでさらに爆速カスタマイズ

理想の最強PCに! Core XのハイエンドPCをBTOでさらに爆速カスタマイズ
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon