古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

生身の元UBSトレーダー、アルゴリズム欺く-見せ玉注文で刑事訴訟

Bloomberg のロゴBloomberg 2018/04/17 15:39

(Bloomberg) -- SF小説では機械が人間を悩ますとほぼ相場が決まっているが、スイス最大の銀行UBSグループの元トレーダー、アンドレ・フロトロン被告の場合は話が逆だ。

  約定を意図しない見せ玉を注文し、素早く注文をキャンセルする「スプーフィング」と呼ばれる慣行を用いて、高速コンピューターのアルゴリズムを欺き、金および銀先物相場を上下させるのが、フロトロン被告の手口だ。米コネティカット州ニューヘイブンの連邦地裁で開かれた公判の冒頭陳述で、アビー・ペリー検事が指摘した。同被告は、2008年7月から13年11月にかけて商品詐欺を目的に共謀した罪で起訴された。

  ペリー検事は陪審に対し、「スプーフと呼ばれているが、何と呼ぼうがそれは詐欺だ。アルゴリズムを活用していた被害者らが、被告によって欺かれた」と主張した。検察によれば、UBSの貴金属デスクでこの種の疑わしい取引がはびこり、コネティカット州スタンフォードのオフィスで、スイス国籍のフロトロン被告が若手トレーダーにスプーフィングのやり方を指南していた。

  マイケル・ルイス氏の「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」(邦題)は、投資家の注文情報をいち早く知ることで、先回りして利益を得る「フロントランニング」の手法を駆使するハイフリークエンシートレーディング(HFT、高頻度取引)業者と、それに立ち向かう主人公たちを描いたが、フロトロン被告はその逆をいくケースだ。

  フロトロン被告の代理人であるマーク・ムューカシー弁護士は冒頭陳述で、アルゴリズムが「アンディ(被告)のような生身のトレーダーに取って代わろうとしている」と指摘。「アンディは伝統的なスタイルのトレーダーであり、ヒューマンタッチを使い取引していた」と反論した。

原題:Ex-UBS Trader Accused of Spoofing Robots Fights Charges of Fraud(抜粋)

: 東京 内田良治 ruchida2@bloomberg.net.

翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先 小針章子 akobari@bloomberg.net.

記事に関する記者への問い合わせ先: Brooklyn Christie Smythe csmythe1@bloomberg.net.

記事についてのエディターへの問い合わせ先: David Glovin dglovin@bloomberg.net, Paul Cox、Peter Blumberg

©2018 Bloomberg L.P.

image beaconimage beaconimage beacon