古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

発火でリコールの「Galaxy Note7」、米国で充電制限アップデート、ニュージーランドでは回線利用不能に

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/05
発火でリコールの「Galaxy Note7」、米国で充電制限アップデート、ニュージーランドでは回線利用不能に © ITmedia ニュース 提供 Galaxy Note7

 韓国Samsung Electronicsは11月4日、発火問題で製造販売を停止した「Galaxy Note7」の米国におけるリコールで、出荷した端末の85%を回収できたと発表した。

 このリコールは10月13日に開始した。Galaxy Note7をSamsung製の他の端末と交換するか、払い戻すかを選択できる。Samsungによると、大多数がSamsung製端末との交換を選んだという。

 同社は今後も市場に出回っているGalaxy Note7の回収に努めるとし、そのための対策として、同端末向けのソフトウェアアップデートを数日中に実施するという。このアップデートで、最高60%までしか充電できないようになり、充電、再起動、画面表示のたびにリコールの手続きを促す通知が表示されるようになる。

 Samsungは同日ニュージーランドで、同国の通信キャリアと協力し、11月18日からGalaxy Note7での回線利用を遮断すると発表した。通話、SMS、データ通信ができなくなる。

 Galaxy Note7は8月に米国や韓国などの一部の地域で発売された。日本でも発売が検討されていたが、発火問題を受けて見送られた。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon