古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

皮膚に貼って健康チェック「絆創膏ウェアラブル」 センサーを“印刷”で実現 使い捨ても可能

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/24
皮膚に貼って健康チェック「絆創膏ウェアラブル」 センサーを“印刷”で実現 使い捨ても可能: 皮膚に貼り付けて活動量や心拍をチェックできる © ITmedia ニュース 提供 皮膚に貼り付けて活動量や心拍をチェックできる

 大阪府立大学は11月24日、絆創膏のように柔らかく、皮膚に貼り付けて活動量や心拍をチェックできるウェアラブルデバイスを開発したと発表した。センサーなどの電子部品を薄いフィルムに印刷して作る。使い捨ても可能という。

 研究チームは、ナノ材料や有機材料を混ぜたインクで、センサーなどの電子部品を薄いプラスチックフィルムに印刷する技術を開発。フィルムは絆創膏のように柔らかく肌に貼れ、感度は高くないが、活動量や心拍数、皮膚温度などをリアルタイムで計測できるという。活動量計測を可能にする3軸加速度センサーのフィルム印刷は世界初だ。

 皮膚に直接貼るため、衛生面を考慮してフィルムは使い捨てにした。ただ、トランジスタなどの高価な電子部品は、再利用可能な別のシートに載せ、使い捨てフィルムの上に貼り付ける構造とすることで、柔軟性の維持とコスト削減を実現したという。

 現時点では、開発したデバイスには無線通信の回路や電源などを搭載していないため、計測は有線で外部の装置とつなぐ必要があり、実用化に向け改良するとしている。研究成果は、米科学誌「Science Advances」電子版に11月24日付(日本時間)で掲載された。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon