古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

目元はっきり、でもナチュラル。わがままを叶えるフローフシの新マスカラ

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/09/27 cafeglobe編集部
目元はっきり、でもナチュラル。わがままを叶えるフローフシの新マスカラ © cafeglobe 提供 目元はっきり、でもナチュラル。わがままを叶えるフローフシの新マスカラ

マスカラをつける行為には「目元をはっきりさせたい」という目的があるわけですが、年を重ねてきて、「とはいえ、華やかな場にいく機会を除き、そこまでパッチリさせたいわけでもないのよね」という矛盾を抱くようになりました。

そんな私に、最適なアイテムがもたらされました。「フローフシ」の「モテマスカラ」の新製品です。

3タイプ3種類、計9本が一気に登場

© cafeglobe 提供

ポイントは、仕上がりの好みが9つに分けられたこと。「ナチュラル」「インパクト」「テクニカル」の3タイプ×3種類が登場します。それぞれオーダーメイドブラシを採用し、毛質やブレンド比率、バルクとの相性を考慮しつつ、さまざまなブラシ・櫛の技術を融合させた、9本すべて異なる仕様です。

© cafeglobe 提供

「モテマスカラ」のナチュラルタイプ。左から「NATURAL 1(ナチュラル)」「NATURAL 2(セパレート)」「NATURAL 3(ニュアンス)」各1,800円(税別)。

冒頭でつぶやいた筆者の悩みに対応するのは「ナチュラル」タイプ。束感をあまり出さずにロングラッシュできるので、自然な仕上がりに。中でも、もっともさりげないのはブラウンカラーの「ニュアンス」、続いてブラシの間隔が0.18mmという超緻密コーム型ブラシでまつげ1本1本を根元からセパレートさせる「セパレート」、気持ち束感を残してまつげそのものが伸びたように見せる「ナチュラル」

© cafeglobe 提供

「モテマスカラ」のインパクトタイプ。左から「IMPACT 1(ドラマティック)」「IMPACT 2(シャープ)」「IMPACT 3(スタイリッシュ)」各1,800円(税別)。

華やいだ雰囲気が欲しい時には「インパクト」からセレクトを。ハッとするほど印象的な目元を目指すなら束感が出せる「ドラマティック」、奈良貝塚のつげ櫛職人の技術を応用したクールな仕上がりの「シャープ」、白眼の透明感を際立たせるネイビーカラーの「スタイリッシュ」の3種。

© cafeglobe 提供

「モテマスカラ」のテクニカルタイプ。左から「TECHNICAL 1(グロス&コート)」「TECHNICAL 2(ブースト&プライマー)」各1,600円、「TECHNICAL 3(マイクロ)」1,800円(全て税別)。

「テクニカル」は、マスカラベースなどサポートアイテムの一級品たち。どんなマスカラをもお湯オフ変換させてしまうマスカラベース「ブースト&プライマー」、まつげエクステによるダメージをケアしながらツヤを与えるクリアマスカラ「グロス&コート」、短毛や目尻の毛を捉えて根元にしっかり入り込む「マイクロ」がスタンバイ。

最強マスカラ説。複数持っておいて損はなし

© cafeglobe 提供

さらに汗や皮脂で落ちやすいというお湯オフ機能のデメリットを克服し、フローフシの独自美容成分「エンドミネラル®」を120%配合

好みの仕上がりが見つかる豊富なラインナップ、持続性、アイケア発想まで搭載。もはや最強マスカラといっても過言ではないのでしょうか。

筆者個人は「セパレート」と「シャープ」の2本買いを心に決めました。ボリューム系のシャープを使う頻度はそう高くなさそうですが、パッケージの気密性がアップしているので、開封したらマスカラ液が固まっていた、という事態にはならないと予想。持っておいて損はないですし、仕上がり印象の異なるタイプを持っておくことでお洒落が楽しくなるはずです。

フローフシ

電話:03-3584-2624

[フローフシ]

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon