古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

目前に迫ったWWDC 2014の予想まとめ

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/31 ITMedia

 いよいよ、アップルの開発者会議「WWDC 2014」が目前に迫ってきた。さまざまなウワサや臆測が飛び交っているが、日本時間の6月3日午前2時に基調講演が始まり、その全容が明らかになる。iOSの新バージョン「iOS 8」(仮称)や次期Mac OS「OS X 10.10」の発表は間違いないだろうが、iPhone 6(仮称)はどうなるのか、はたまたウェアラブルデバイスは発表されるのか、基調講演の直前まで情報が飛び交うのは毎度のことだ。

 つい先日の4月29日には、「MacBook Airが値下げ――“Haswell Refresh”で高速化」が、5月28日には「米Beats Electronicsとその音楽ストリーミングサービスの「Beats Music」を30億ドルで買収」、同じく28日には「ドコモ、「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を6月10日に発売」と、WWDCを前に立て続けに発表が行われているのも気になるところだ。

●WWDC 2014で発表が予想される内容

・iOSの新バージョン「iOS 8」の発表

・次期Mac OS「OS X 10.10」の発表、開発コード名が明らかに

・VoLTE(Voice over LTE)のサポート

・iTunesがハイレゾ音源に対応し、6月に配信開始

・iTunes Radio専用アプリのリリース

・Beatsのドクター・ドレとジミー・アイヴォンが登壇

・iCloud/iWork/iLifeの改良

・スマートホーム分野への参入

・ヘルスケア/フィットネス分野への参入

・iWatchなどウエアラブルデバイスの発表

・CarPlay続報

・iPhone 6の発表

・ハイレゾ対応デバイスの発表

・新型Apple TVの発表

・新型Thunderbolt Displayの発表

・12型Retinaディスプレイの新MacBook Airを発表

・教育市場向け低価格iMacの発表

●アップルが基調講演のストリーミングを公式配信

 いずれにせよ、6月3日の午前2時から、アップルがWWDC 2014の基調講演をライブストリーミングする。MacやiOS搭載デバイスだけでなく、Apple TV(第2世代以降)などからも視聴できる。

 まずはこちらのページにある2010年以降のWWDCやスペシャルイベントの動画を見て、雰囲気に慣れておくのも一興だ。しかし、ティム・クックCEOの服装とポーズは、ほぼ毎年一緒で、まるでカラーバリエーションの違いといえるかも……

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon