古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

相手のことはコントロールできない【前編】 #マインドフルネスでいまを生きる

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2016/12/03 MYLOHAS編集部

12月に入りましたね。なんとなく街が浮き足立つのは、クリスマスやお歳暮など、贈りものをしたりされたりするイベントがあるからかもしれません。贈るのも贈られるのもうれしいものですから。

なぜ、贈りものをするのでしょうか。そういうイベントだから? 義務感? 社会人として「あたりまえ」だから? そういう場合もあるかもしれませんね。では、「贈りものをしたい」とおもうときはどうでしょうか。

贈りものをするときには、相手のことを思い浮かべますよね。好みや趣味、ライフスタイルなどを思い浮かべ、どんなものが喜ばれるだろうかと思案します。その過程は、なんだかワクワクするものではないでしょうか。と同時に、喜んでもらえるかなと不安にもなるかもしれません。

そんな場合に自分の中にあるものは、感謝や愛情など、自分の気持ちを表現したい、そしてそれを受け取ってほしいという思いではないでしょうか。贈りたいのは、物ではなく気持ち。ギフトを選ぶということは、日頃の感謝や愛情を伝えるための、もっとも適切な手段を選ぶということなのだとおもうのです。

また、「相手の喜ぶ顔を見たい」というのもあるかもしれませんね。ただし、相手次第ですので、相手が喜ぶかどうかはこちらがコントロールできることではありません。物の価値を決めるのは、当然ながらそれぞれです。自分にとって価値のあるものが、他者にとっても価値があるとは限りません。反対に、誰かにとって価値がないものに、自分は価値を感じる、ということもあります。

贈りものをするとき、自分がそのことによって何を得たいのかに気づいていましょう。そして、相手のことはコントロールできないということにも気づいていましょう。

今日の1枚:

「相手をコントロールできない」ことを日々教えてくれる猫。猫のためのあたたかいベッドを用意しても、そのベッドは使わずそれが入っていた段ボールを使う、なんてことは日常茶飯事です(笑)。

>>明日の後編に続く

>>「マインドフルネスでいまを生きる」をもっと読む

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon