古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

相手の意見を変えさせたいときに効果的な「ある質問」

ライフハッカー [日本版] のロゴライフハッカー [日本版] 2014/06/02 ライフハッカー[日本版]
相手の意見を変えさせたいときに効果的な「ある質問」 © 株式会社メディアジーン 提供 相手の意見を変えさせたいときに効果的な「ある質問」


相手の意見が間違っていると確信し、何としてでも相手に間違いを認めさせたいときに、試してみたい方法があります。未来のテクノロジーや科学を紹介するサイト「BBC Future」が提案するやり方で、「相手の主張する意見がどんな結果を招くのかを詳しく説明するよう頼む」ことです。

人は、ある話題について表面的にしか理解できていない場合でも、何らかの意見を抱くものです。俎上に載っている事がらに関して、論理やメカニズムがまったくわかっていなくても、ひとつの完結した意見を持つべく、頭の中でさっさと結論を出してしまうことが多いのです。

ですから、相手の論拠を切り崩したいのなら、多くの場合、その意見がどんな結果を生み出すのかを詳しく説明するよう頼むのが最善策だと言えるでしょう。

これは一般的に見られる傾向です。もし何かの話題について自分の正しさを人に納得してもらいたかったら、相手の主張する意見がどのようにして成果をあげるのか、詳しく説明するよう頼んでみましょう。その場合は、以前にもお話ししたソクラテス式問答法から始めるのが効果的です。反対に、自分の考えを主張する際は用心したほうが良さそうですね。


The best way to win an argument|BBC Future

Thorin Klosowski(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)
Photo by Guian Bolisay.

【関連記事】
日本橋生まれの『Kinza』はユーザーと一緒につくり上げる「エターナル青春系ブラウザ」
徹底解剖!『ARROWS NX F-05F』がビジネスマンを文字入力のストレスから解放する
夏に向けたカラダづくりに! 新「ブランパン」の魅力
Nexus 7(2013)が一括0円。SIMフリー時代の賢い通信プランはこれ

image beaconimage beaconimage beacon