古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮『覆面系ノイズ』出演へ 真野「久しぶりに学生に戻った気分」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/10 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 中条あやみ主演映画『覆面系ノイズ』より、第3弾キャストが発表された。  本作は、2013年から「花とゆめ」で連載中の福山リョウコによる同名コミックを実写映画化した青春ラブストーリー。小さな頃から歌うことが大好きなニノが、幼いころに浜辺で出会った作曲をする男の子ユズと、いつも一緒に歌っていた初恋の相手・モモと再会し、様々な想いが交差していく模様を描く。メガホンを取ったのは、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎監督。ニノ役を中条が演じるほか、ユズ役で志尊淳、モモ役で小関裕太が出演する。  このたび発表されたのは、深桜、クロ、ハルヨシのキャスティング。ユズを想いながらも、バンドのボーカルを去る深桜役を真野恵里菜、バンドのムードメーカーのクロ役を磯村勇斗、オネエ言葉を話すバンドのリーダー的存在で、深桜に想いを寄せるハルヨシ役を杉野遥亮がそれぞれ演じる。なお、磯村はドラムを、杉野はベースにそれぞれ初挑戦する。 【真野恵里菜(深桜:珠久里深桜役)コメント】

■深桜の魅力。演じてみての手ごたえは?

登場人物の中で比べると、一見性格が悪い子なのかなと思われやすいかもしれないですが、実はまっすぐで正直で野心家な女の子で私はすごく好きです。そんなまっすぐな深桜を演じていてすごく気持ちがよかったです!

■撮影現場の雰囲気

キャストはもちろん、スタッフさんの覆面系愛がとても強くてやりがいのある現場でした。学校での撮影が多かったので待ち時間も教室でみんなとお話しながら待っていたりして、久しぶりに学生に戻った気分でとても楽しかったです。

■ファンの皆さんに観ていただきたいところは?

いつもまっすぐに突き進む深桜を見て、「自分も頑張ろう!」って思ってもらえたら嬉しいです。

【磯村勇斗(クロ:黒瀬歩役)コメント】

■クロの魅力。演じてみての手ごたえは?

クロの魅力は、いつもニコニコしていて、The弟的な存在で、イノハリのムードメーカー。だけど、誰よりもイノハリのメンバーを見ていて、大人な考えを持っているところ。それをこの作品で出せるよう挑みました。

実際に演じてみて、関西のノリで楽しくやろうとすると、それだけになってしまい、周りを見る事が出来ず、クロの魅力が出せず最初は苦戦しました。けど、監督や、キャストと話したことで徐々に周りが見えるようになっていき、シーンを追うごとにクロらしいメリハリが出てきたのではないかと思います。

■撮影現場の雰囲気

とにかく楽しかった! まだ終わりたくないという思いで、撮影をしていました。

イノハリのメンバーとは、クランクインの前から楽器の練習をしていたので、撮影時は何も壁を感じずに皆で作る事が出来ました。本当の高校生活を過ごしているかのように、キャスト同士仲が良く、おバカな事をしていました。スタッフさんにも優しくして頂き、素敵な撮影現場でした。クロとして演じられたのもキャストの皆さん、スタッフの皆さんのおかげです!

■ファンの皆さんに観ていただきたいところは?

クロといったら、イノハリのドラマー。今回ドラムに初挑戦し、約3ヶ月間ゼロからドラムを教えて頂き、撮影に挑みました。手に豆が出来たり、苦戦しましたが、「自分はドラマーだ!」と思いながらメンバーと練習をして来たので、イノハリの演奏シーンは是非注目して観て頂きたいです!

そして、原作にも出てくる、クロの猫耳ニット帽も着用しているので、「猫耳萌え~」となって頂けたらと思います。笑

【杉野遥亮(ハルヨシ:悠埜佳斗役)コメント】

■ハルヨシの魅力。演じてみての手ごたえは?

ハルヨシの魅力は恋にもバンドにも一生懸命で、まわりを自然に包みこむ器の大きさと個性です。

誰1人抜けたら成り立たないイノハリにおいて、1人1人の心に寄り添っているのがハルヨシだと思います。深桜を想う気持ちはストレートに見えてかなり複雑でしたが、一途なハルヨシは本当に魅力的だと演じながらも感じていました。

■撮影現場の雰囲気

いつも和気藹々としてました。ライブシーンという本編の中で重要なシーンを演じるためにもチームワークは絶対必要だったので、一緒にご飯に行ったり、コミュニケーションをとる時間をメンバーみんなで意識的に設けていました。そういう部分が作品に表れて見えたらいいなと思います。

■ファンの皆さんに観ていただきたいところは?

なんといっても告白シーンです!

本作品中、ずっと抱えていたハルヨシの思いをぶつけられるシーンだったので、全てを注いで大切に演じさせていただきました。観てくださった方にキュンキュンしてもらったり、切なくなってもらえたら嬉しいです。

(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon