古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

知ったかできる自作パーツ基礎知識【ストレージ編】

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/19
知ったかできる自作パーツ基礎知識【ストレージ編】 © KADOKAWA CORPORATION 提供 知ったかできる自作パーツ基礎知識【ストレージ編】

 久々に自作PCに挑戦しようとする人のための応援企画として毎年お届している「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情」。今年も、2016年から2017年にかけて登場した新製品を一気におさらいしよう。  パーツショップを訪れても戸惑うことなく買い物を楽しむために、ここはひとつしっかりと勉強をしてから自作に臨みたい。それではさっそく、PCパーツの最新トレンドを振り返っていこう。第4回は「ストレージ編」だ。 2016年から2017年の最新ストレージ事情~SSD編~  まずはメインストレージデバイスであるSSDの1年を振り返ってみよう。注目は主力SSDがNVMe対応製品になりつつある点。インテルはもちろん、AMDも「Ryzen」が登場したことで、どちらのプラットフォームでも基本的に帯域幅32GbpsのPCI-Express3.0 x4をサポートした。シーケンシャルリードが軽く2000MB/secオーバーのNVMe SSDが利用できるため、非常に高速なPCを組むことが可能だ。 【関連記事】 順次読込3500MB/秒、2TBのNVMe SSD「Samsung SSD 960 PRO」や「960 EVO」を発表 M.2 NVMe SSDでもサムスンは強し!2TB「Samsung SSD 960 PRO」を速攻でベンチ 廉価版でも毎秒3GB超!M.2 SSDでも独走態勢に入ったサムスン「960 EVO」レビュー Samsung SSD 950 PROは、やはり劇速2500MB/秒超だった! NVMe対応「Samsung SSD 950 PRO」の512GBを計測 ADATAがM.2 SSDを投入! 「XPG SX8000」の実力は? PCIe x4接続の安価なPLEXTOR製高速SSD「M8Pe」 の実力をチェック NVMe対応SSDの気になる熱対策  NVMe対応SSDの本格普及に伴い問題となり始めたのが発熱問題だ。圧倒的なパフォーマンスを実現するNVMe対応SSDだが、サーマルスロットリングによる速度低下が課題となっている。そこで注目を集めているのが、各社から発売されているSSD用の冷却アイテムだ。最近では標準でヒートシンクを備える製品も多いが、NVMe対応SSDを導入する際には、合わせて発熱対策も施しておくのが自作の基本となりつつある。 aqua computerのM.2 SSD冷却アイテム「kryoM.2」シリーズ。M.2 SSD冷却アイテムの決定版として人気となっている aqua computerのM.2 SSD冷却アイテム「kryoM.2」シリーズ。M.2 SSD冷却アイテムの決定版として人気となっている 【関連記事】 M.2タイプSSD「M8PeG」の気になる温度を徹底検証 約700円でできるM.2対応SSDのお手軽冷却アイテム SSDの裏面に貼るM.2 SSD用放熱パッドがSilverStoneから さらに冷えそうなM.2対応SSD冷却アイテムがaquacomputerから登場! M.2対応SSDの冷却アイテムにまたまた新製品、今度は肉厚ヒートシンク仕様 M.2 SSDが2枚同時に使える小型ファン搭載のPCIe変換基板 小型冷却ファン搭載済みの安価なM.2対応変換カードが発売 低価格化が一段落した2.5インチSSD  低価格化が進む2.5インチSSDだが、ここにきてそれも一段落。120GBクラスなら3000円台、250GBクラスなら6000円台で購入できたが、2017年はNANDフラッシュの品不足からやや値上がり傾向にある。また、3D NANDフラッシュ採用モデルが増加したのも、ここ最近のトピック。価格は高めながら、パフォーマンスの向上はもちろん、耐久性と寿命が向上した。2.5インチSSDを選ぶ際には、採用しているNANDフラッシュに注目するといいだろう。 2016年から2017年の最新ストレージ事情~HDD編~  大容量のデータ用ストレージとしての需要はまだまだあるHDD。人気の容量は、価格とのバランスがいい2TB~4TBが中心。今やゲームもSSDにインストールする人が多いため、データ用ストレージとして利用するのが主な使い道だろう。 M.2 SSDの導入とDDR4メモリの搭載は必須の自作PC  帯域幅32GbpsのPCI-Express3.0 x4をサポートするM.2スロットが普及したことで、メインドライブにNVMe対応SSDを選択するのが主流だ。マザーボードに対応スロットがあるなら、ぜひ導入を検討してほしい。手っとり早くPCを劇的に速くする一番の方法は、NVMe対応SSDを搭載することで間違いない。データ用ドライブには、価格の下がった2.5インチSSDが狙い目。やっぱり容量重視という人はHDDを選択しよう。 TSUKUMO eX.のSSD、HDD価格表。今やSSDのラインナップがHDDを上回っている TSUKUMO eX.のSSD、HDD価格表。今やSSDのラインナップがHDDを上回っている

知ったかできる自作パーツ基礎知識【ストレージ編】

知ったかできる自作パーツ基礎知識【ストレージ編】
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon