古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

石井裕也最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』、石橋静河&池松壮亮の姿捉えた超特報

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/07 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『舟を編む』『バンクーバーの朝日』の石井裕也監督最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』より、“超特報”が公開された。

 本作は、2016年に出版された、最果タヒの同名詩集が原作のラブストーリー。看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながら日々をやり過ごす美香と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる慎二の恋がはじまる瞬間を描き出す。本作が映画初主演となる石橋静河と池松壮亮がW主演を務めるほか、田中哲司、松田龍平、市川実日子、佐藤玲、三浦貴大らが脇を固める。

 このたび公開された“超特報”では、石橋演じる美香と池松演じる慎二が街中を疾走する姿や、呑み込めない思いを抱えながら懊悩する2人の姿が映し出されている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon