古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

石破氏、米で「グレーゾーン法整備に力尽くす」

読売新聞 のロゴ 読売新聞 2014/05/01 読売新聞

【ワシントン=今井隆】自民党の石破幹事長は30日(日本時間1日)、米国を訪問し、ワシントン市内で講演した。

石破氏は「領土、領海、領空を守るために、個別的自衛権の範囲内でなお必要な法整備がある。『グレーゾーン』と言われてきたもので、整備に力を尽くしたい」と語った。正規の軍隊ではない武装集団などによる離島占拠のような、ただちに武力攻撃とは認定できない「グレーゾーン事態」に対処するため、自衛隊法改正などの法整備が必要との考えを示したものだ。

集団的自衛権行使容認に向けた憲法解釈見直しについては、「(米国の)同盟国同士が協力し合うネットワーク型の同盟が求められている。集団的自衛権の行使を可能にすることが有益だ。アジア太平洋地域の抑止力を強化し、米国の戦略とも符合する」と指摘した。

【BING ニュース編集部おすすめ記事】
英俳優ボブ・ホスキンスさん死去、『ロジャー・ラビット』など出演

つちやかおり、布川との別居&不倫認める「彼には非がない」

アトレティコが3発でチェルシー粉砕、史上初のCL決勝ダービーが実現

みなみ、合唱コンでAKB歌って踊った

ウクライナ暫定政権、東部での「無力」認める

ネパール、エベレスト雪崩事故めぐり大きな影響

県警捜査2課警部と上司の警視、相次いで自殺か

今年もクールビズ…「おしゃれを楽しみながら」

シリア軍が学校空爆、生徒17人死亡

サントリーHDが日本ウイスキーを世界へ、米ビームの買収完了

読売新聞の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon