古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

秋元才加が、触角女子に! 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編、吹替え版声優に決定

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/27 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 秋元才加が、5月12日より公開される映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で、日本語吹替え版キャストを務めることが決定した。 参考:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編、主要キャスト来日カーペットイベントに5組10名様ご招待  本作は、2014年に公開された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編となる、マーベル・スタジオ最新作。ノリで結成された宇宙のはみ出し者チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”が、小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、銀河全体を脅かす陰謀に巻き込まれていく模様を描く。前作に引き続き、ジェームズ・ガン監督がメガホンを取り、クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼルらがキャストに名を連ねる。  秋元が声優を担当するのは、謎に満ちた新キャラクター“マンティス”。マンティスは、触角女子であり、触れるだけで相手の感情を読むことができる“エンパシー”という特殊能力を持っている。思考を読むのではなく感情を読み取るというこの能力により、仲間であるガモーラへの恋心を読み取られたピーターが赤面するシーンも。さらに、その感情を恋の相手であるガモーラに平然と言い放つなど、空気の読めない不思議系キャラクターだ。“ピーターの父”と名乗る謎の男エゴ(カート・ラッセル)の側に付き添って登場するマンティス。そのユニークな能力とつかみ所のない性格により、個性派チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”で新たな存在感を発揮する。  起用理由についてディズニーの担当者は「女性も憧れるカッコよさをお持ちの秋元さんは、女性ヒーローも増えているマーベル作品と、とても親和性が高いと感じています。演じていただくマンティスはいわゆる“不思議ちゃん”なので、ハキハキしたイメージの秋元さんとは間逆とも言えるキャラクターですが、独特な不思議な雰囲気を見事に作り出してくださったため、起用を決めさせて頂きました!」と話している。 ■秋元才加コメント

山寺さん、加藤さんや遠藤憲一さんら総々たるメンバーの中にこうして名を連ねることができることが本当に光栄です。

自分の声が混ざったとき、どんな風になるのか完成がとても楽しみです!

女性のキャラクターが力強く見どころも満載なので楽しみにしていてください。

あとベビー・グルートが小さくて本当にカワイイので冒頭から心を奪われる女性が多いと思います!

(リルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon