古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

稲田防衛相の辞任、国民に心からおわび=菅官房長官

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/28

[東京 28日 ロイター] - 菅義偉官房長官は28日午前の会見で、稲田朋美防衛相が南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を巡る問題の責任をとって辞任したことについて、「閣僚が辞任するという事態に至ったことについて、国民の皆様に心からおわび申しあげたいと思う」と述べた。

稲田氏辞任が政権に与える影響については「政府としては今後、同様の事案が発生しないように抜本的な対策を講じて国民の信頼を回復することができるように努めることがまず大事だ」と述べるにとどめた。安倍晋三首相が稲田氏を重用してきたことで辞任の判断が遅れたのではないか、との指摘には「そこはないと思う」と否定。「日報問題について方向性を出すのはある意味で大臣の責任だった」と語った。

さらに「大臣の資質について申しあげるのは控えたい。このような結果になったのは極めて残念」との認識を示した。

岸田文雄外相の防衛相兼務については「緊急的な措置だ」とし、内閣改造までの兼務になるとの見方を示した。

稲田防衛相の辞任、国民に心からお詫び=菅官房長官 © REUTERS 稲田防衛相の辞任、国民に心からお詫び=菅官房長官

特別防衛監察を巡る閉会中審査については「国会で決めることだ」と述べた。

*内容を追加しました。

(石田仁志)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon