古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

究極のハイブリッドクラウド「VMware Cloud on AWS」がいよいよ開始

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/29
究極のハイブリッドクラウド「VMware Cloud on AWS」がいよいよ開始 © KADOKAWA CORPORATION 提供 究極のハイブリッドクラウド「VMware Cloud on AWS」がいよいよ開始

米VMwareは、2017年8月28日~30日(現地時間)の3日間、米ネバダ州ラスベガスのマンダレイベイコンベンションセンターにおいて、「VMworld 2017」を開催。基調講演にはVMwareのパット・ゲルシンガーCEOとAWSのアンディ・ジャシーCEOがそろって登壇し、昨年発表された「VMware Cloud on AWS」のラウンチを高らかに宣言した。 集中と分散の歴史の中で、クラウドからIoT/エッジへと移る  今年のVMworldは全世界から2万3000人以上が事前登録。日本からは、VMwareの三木泰雄会長をはじめとする同社関係者のほか、パートナーや顧客企業など、約300人が参加した。また、米デルテクノロジーズのマイケル・デル会長兼CEOやデル日本法人の平手智行社長なども開催初日から参加していた。  14回目を迎える今年のVMworld 2017のテーマは、「I AM(アイアム)」。その言葉の後ろに、「A PIONEER」「AN INOVETER」「BUILDING TOMORROW」「SHAPING FUTURE」などの言葉をつなげてメッセージ化。これらを具現化している先進的な顧客にフォーカスするとともに、VMwareがそれを支援していく姿勢を込めたという。会期中には、ユニファイドハイブリッドクラウド、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ、クラウドマネジメント&サービス、ネットワークバーチャライゼーションなどのトピックスを中心に500以上のセッションが行われた。  開催初日の午前9時から行なわれた基調講演では、CEOであるパット・ゲルシンガー氏が登場。「我々は、いま大変興味深い瞬間に存在している。テクノロジーの進化により、かつてはSFの世界であったものが現実となっている。自動運転はその1つであり、最初は、誰もハンドルを持たずにクルマが動くことに驚くが、2分後にはこのクルマはなぜ動いているのかということに興味を持つ。しかし、5分後には自動運転が馬車よりもゆっくりで、いつになったら目的地に着くのか、飽き飽きしてしまう」と語る。 米VMware CEOのパット・ゲルシンガー氏 米VMware CEOのパット・ゲルシンガー氏  一方で、AmazonやAlibabaが登場し、Eコマースは急速に進んでいるように感じるが、「業界全体からすればeコマースの構成比はまだ10分の1にすぎない。デジタルメディアの広がりも、将来は1兆ドルの市場規模に成長すると見込まれているが、ようやくその半分の規模に達したにすぎない」などとし、劇的な技術変化の時期が訪れているとともに、それに伴う課題についても指摘。「テクノロジーによって、変わる領域はまだまだある」と、現在の環境を俯瞰してみせた。  そして、「企業は、自らのビジネスを、カスタマーエクスペリエンス、アプリ、ソフトウェアスキルによって変化させており、それによって勝敗が決まっている。VMwareの戦略は、Any Cloud, Any Application, Any Deviceであり、企業が自分たちのビジネスのためにアプリを作り、それを提供することを支援する役割を果たす」とした。  また、これまでのIT業界では、メインフレーム、クライアントサーバー、ミニコンピュータ、インターネット、クラウドと、集中と分散を繰り返しており、いまはクラウドからIoT/エッジへの世界を迎えていると指摘。「フィジカルの世界が、デジタルの世界につながることで、さらに多くのデータを生み出すことになる。アプリやサービスが急速に増加し、攻撃の対象となる領域も増えている」と発言。IoTの時代が到来していることにあわせて、VMwareは、Pulse IoT Centerを投入していることに触れながら、「Pulse IoT Centerは、スマートファクトリーやスマートシティでの活用が見込まれる。それに加えて、富士通がこの技術を活用して、トヨタとの協業へと拡大。PulseIoTのベータ版カスタマーとして、次世代のクルマの可能性を探求。すでに、数百万台の自動車や、数十億台のデバイスを、制御、管理できる」と紹介した。  さらに、エンドポイントの統合管理を行なう「Workplace ONE」について説明。「コンシューマ製品のようなシンプルさと、エンタープライズレベルのセキュリティを実現している」としながら、このほど、新たにHP,incがWorkplace ONEをサポートすることを発表した。HP.incは、HP Device as a Service(DaaS)を通じてこれを提供する。ビデオメッセージを贈ったHP,Incのディオン・ウェイスラー(Dion Weisler)社長兼CEOは、「VMwareのエンドポイント管理システムは、HP.incのマネージドサービスにとって非常に重要なものになる」と位置づけた。 HP, Incのディオン・ウェイスラー社長兼CEO HP, Incのディオン・ウェイスラー社長兼CEO   一方で、クラウドへの取り組みについても言及。プライベートクラウドの観点では、「VMware Cloud Foundation Ver2.2」を発表。「最新のソフトウェア技術、ライフサイクル管理技術などが入っており、PCを自作するように必要な部分を持ってきて利用できるほか、すぐに組み立てられるキットのような形での提供が可能である」と説明した。 また、ハイパーコンバージドインフラストラクチャでは、vSANの実績を強調。「これまでに1万社以上で導入され、毎週100社以上が新規に導入している。また、vSAN ReadyNodeでは、12社から50機種以上が投入されている。vSANは最新のテクノロジーを最大限に生かせるものになる」と説明し、「この技術をもっともいい形で導入できるのは、VxRailおよびVxRackである」とし、HCI分野におけるデルとの緊密ぶりを伺わせた。また、最新のvSphere 6.5についても説明。「バックアップ機能が改善され、vSANの機能を取り入れており、セキュリティでも新たな機能を導入している」と述べた。アンディ・ジャシーCEOが登壇し、VMware Cloud on AWSを正式稼働 そしてパブリッククラウドについては、AWSとの協業について時間を割いて説明した。今回の発表は、2016年10月に発表された戦略的提携から生まれたVMware Cloud on AWSが、いよいよ正式に稼働するという内容。これによって、AWS上でVMware Cloudを利用することができる。これは、今回のVMworld 2017において、もっとも注目を集めたトピックスであり、Amazon Web ServicesのCEOであるアンディ・ジャシー氏が登壇したときには、基調講演の会場が一番沸いた。AWS CEOのアンディ・ジャシー氏AWS CEOのアンディ・ジャシー氏 VMwareのゲルシンガーCEOは、「数100人のエンジニアが一緒に仕事をした結果、いよいよいまからAWS上で、VMware Cloudが動くことになる。究極のハイブリッドクラウドになる。慣れ親しんだVMwareのアプリケーションを、プライベートクラウドからパブリッククラウドに移行させることができ、さらにオンプレミスとクラウドの両方の環境を一元的に管理できるようになる。使い慣れたオンプレミスの管理ツールであるvCenterを使って、AWSの上で走らせることができる。これはコストメリットを生み出すことにもつながっている」とコメントした。 一方、AWSのジャシーCEOは、「多くのエンタープライズ企業が、クラウドの活用プランを打ち出すなか、オンプレミスのデータセンターとAWSが一緒に利用できるのは大きな追い風になる。これまではAWSを使うか、VMwareを使うかという選択肢であったが、これからはプライベートクラウドのリーダーと、パブリッククラウドのリーダーが一緒になって、統一化した環境を提供することができ、最大の悩みを解決できる」と語った。VMware Cloud on AWSはVMwareのパートナーチャネルで販売される 早期導入ユーザーの1社であるムーディーズは、VMware Cloud on AWSによって、リプラットフォーム、リアーキテクチャーをすることなく、クラウドマイグレーションを実現したことを紹介した。日本の企業では、野村総合研究所、リコーが早期導入ユーザーのなかに含まれていることが明らかにされた。早期導入企業のリスト早期導入企業のリスト 今回の説明では、VMware Cloud on AWSはVMwareのパートナーを通じて販売され、AWSのパートナーからは販売されない。またサポートについても、VMwareのリソースを活用することが示された。VMwareの数多くのパートナーが、VMware Cloud on AWSを取り扱っていくことも発表されている。 VMwareのゲルシンガーCEOは、「両社の協業はまだ始まりにすぎない。VMware Cloud on AWSは、まずは米西海岸からスタートし、次に東海岸に展開。その後海外にも展開する。来年の年末までには、すべての地域で提供されることになる。これはVMwareのリソースの限界によるものである。この協業はスタートしたばかりであり、まだ表面を削った程度である。まだたくさんのものを提供できる」と語り、ジャシーCEOは、「この協業は2社のCEOが深く語りあって進めている点が特徴。いままでにないような協業を進めている。短期間のうちに提携ができたことも、それが理由である。VMwareとは、今後も同じスタイルで協業を進めていく」と述べた。 昨年のVMworldでは、「VMware Cross-Cloud」を発表したが、今回のVMworldではこの呼称をやめ、今後、「VMware Cloud」に統一することも明らかにした。ゲルシンガー氏は、「VMware Cloudとして、VMwareがパブリッククラウドも提供できるようになった。欧米、アジアといった全世界において、サービスを提供し、あわせて7つのクラウドサービスとも連携することになる。VMwareのスタックで構築しても、すべてのクラウドサービスにまたがったユニークな体験を提供することが可能だ。NSXにより、共通のセキュリティ能力を提供できる点も大きな特徴だ」と説明。その上で、「VMwareのクラウド戦略の特徴は、複数のクラウドにまたがった一貫したインフラを提供できること、どのようなクラウドでも一貫した運用環境を提供できること、グローバルサービスプロバイダーのリッチなネットワーク環境を活用できること、複雑性とリスクを減らし、アジリティを提供できる点にある」と定義した。VMware Cloudの価値VMware Cloudの価値 さらにネットワークの仮想化について言及。「NSXは、プライベートクラウドやパブリッククラウド、モバイルデスクトップなど、すべてのものを結びつけることになる。今後は、これをコンテナや新たなアプリケーションのフレームワークにもつなげ、IoTや通信ネットワークにも拡張し、一貫したセキュリティも実現する」と前置きし、「NSXは我々の取り組みにおいて重要なものになってきた。VMwareにとって、vSphereは、最初の20年において重要なものであったが、NSXは、今後10年、20年に渡って、同等の価値を持つものになってくると考えている」と位置づけた。NSXにより、すべてのサービスやリソースを結びつけるNSXにより、すべてのサービスやリソースを結びつけるエンドポイントのセキュリティソリューション「AppDefence」を発表 また、セキュリティについても時間を割いて説明した。ここでは、初日のもうひとつのトピックスともいえる「AppDefense」を発表してみせた。 ゲルシンガー氏は、「IT業界においてセキュリティは重要なものだが、数多くの企業が参入し、さまざまな製品やサービスが発売され、複雑になっている。さらに、攻撃が増加し、セキュリティ対策へのコストが増大している。攻撃の9割は、感染予防がしっかりとできていないことが要因。Least Privilege、Micro Segmentation、Encryption、Multi-Factor Authentication、Patchingの5つの要素を強化すれば、サイバー攻撃への対策が可能になる」としながら、「セキュアインフラストラクチャーを実現するために、VMwareは、ユーザーに対してはWorkplace ONEを、デバイスにはairwatch、ネットワークにはNSX、ストレージにはvSANをそれぞれ提供し、シンプルで、コスト効率の高いセキュリティ環境を構築してきた。しかし、コンピュートの領域において最適なものを提供できていなかった」とし、そこを埋めるセキュリティ製品として、新たにVMware AppDefenseを投入することを発表した。エンドポイントセキュリティ製品「AppDefense」エンドポイントセキュリティ製品「AppDefense」 AppDefenseは、vSphere6.5以上の環境において、アプリケーションのコントロールと脅威を検知し、これに対処する機能を組み込んだアプリケーションを保護するエンドポイントセキュリティソリューションだ。一般的に脅威の検知は、通常とは異なる挙動が発生した際に、それを追跡したり、分析したりする仕組みになっているが、AppDefenseは、正しい動作をしていることを監視し、そこから普段とは異なる動きを検知。脅威などを捉える。まずはSaaSとして提供することになるという。 「これまでの追跡型では、藁の山のなかから一本の針を見つけだすようなものであり、効率が悪く、発見も難しい。しかし、正しい動作を検知するという逆の手法であれば、効率性が高まる。アプリケーションが正しく動作していることを検知するために、機械学習を組み合わせて、マニフェストを作り上げ、それをもとにふるまいと照合。これが正しいふるまいから逸脱したときに検出し、それによって対策を行なうものである。この仕組みは、すでに、Wanna Cryでも成果をあげている。パートナーを通じて提供していくものになる」と説明した。 ここで、AppDefenseをサポートする企業として、IBMを紹介。IBM Securityのマーク・バン・ザデルホフ(Marc van Zadelhoff)ゼネラルマネージャーが登壇した。ザデルホフ氏は、「AppDefenseは、攻撃の対象領域を小さくすることができ、セキュリティを強化できる。AppDefenseとIBMが持つセキュリティオペレーション、アナリティクス技術、そしてWatson for Cyberなどを組み合わせ、これを2017年の年末までにSoCに導入する予定だ。多くの分析を行ない、アクションにつなげ、サービスを強化することができる」と述べた。ゲルシンガー氏とIBM Securityのマーク・バン・ザデルホフ氏(右)ゲルシンガー氏とIBM Securityのマーク・バン・ザデルホフ氏(右) 基調講演の後半に、ゲルシンガー氏は「VMwareは、イノベーションを起すために、テクノロジーを投入している。企業のビジネス変革を推進し、コミュニティに対しても貢献していくことになる」と締めくくった。その後、VMwareのCOOであるサンジャイ・プーネン(Sanjay Poonen)氏だ。まとめのなかで、プーネンCOOは、「CIOの関心の多くは、8つの領域に集中しているが、そのなかでも、VMwareは、クラウドコンピューティング、セキュリティ、モビリティに取り組んでいくことになる。そのためには、モダン化したデータセンター、パブリッククラウドの統合、デジタルワークプレイスの強化、ネットワーキングとセキュリティの変革が重要になる」と語り、「来年のVMworldには、さらに多くの人に参加してもらい、参加者数を今回の2倍に増やしたい」などと述べた。■関連サイトVMware

究極のハイブリッドクラウド「VMware Cloud on AWS」がいよいよ開始

究極のハイブリッドクラウド「VMware Cloud on AWS」がいよいよ開始
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon