古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

窪塚洋介×降谷建志主演『アリーキャット』全キャスト発表 品川祐、火野正平ら出演へ

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/23 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 7月15日に公開される映画『アリーキャット』より、全キャストが発表された。  本作は、野良猫のように街の片隅でひっそり生きる腰抜け男が、ひょんなことからバディとなった男と一緒に、一人の女を守るために奮闘し、アツイ想いを取り戻していく物語。主人公・朝秀晃(通称:マル)には、『沈黙−サイレンス−』の窪塚洋介。バディの男・梅津郁巳(通称:リリィ)には、今年20周年を迎えるDragon Ash(ドラゴンアッシュ)のボーカル、ギターのKjこと降谷建志。シングルマザーとして必死に生きるヒロインの土屋冴子を演じるのは、『海を感じる時』の市川由衣が演じ、監督を『木屋町DARUMA』、TVドラマ「侠飯~おとこめし~」の榊英雄が務めた。  この度発表されたのは品川祐、火野正平をはじめとした全キャスト。品川が演じるのは、市川演じる土屋冴子の元恋人でストーカー行為を行う玉木敏郎。火野は、窪塚演じる朝秀晃のボクサー時代の後援会長で、闇社会に身を置く羽柴康夫を演じる。ほか、三浦誠己、高川裕也、柳英里紗、川瀬陽太、森岡豊、馬場良馬らが名を連ねた。 ■品川祐(玉木敏郎役)コメント

窪塚洋介とドラゴンアッシュのKj。

カリスマ2人の主演映画に悪役として出演出来るということで、かなり気合入りました。窪塚くんは唯一無二の

天才俳優で、僕の映画にも出てくれている。

僕がNG出してたら『こいつ自分の映画の時に偉そうに演出してたくせに、全然ダメじゃん』と思われたくなかったので、必死でセリフを憶えました。

かなりハードスケジュールの中、チームワークで乗り切った思い出深い作品です。

■火野正平(羽柴康夫役)コメント

ずいぶん前に撮影した、ロードショウ。

窪塚くん、降谷くん、若い人たちが見たくて現場に行った。

かわいかった。

一緒に飲んだ。

出来上がりをゆっくり観るよ。

監督、呼んでくれてありがとう。

■榊英雄監督 コメント

2人の素敵な俳優、そしてヒロインの3人では、映画が出来ません。

彼らを、しいては作品を支え、映画に生命を吹き込む俳優陣は不可欠な存在です。今回参加して頂いた皆様は、全て私がご一緒したかった方々です。

その中で、映画監督として、常に僕を嫉妬させてくれる品川ヒロシさん

またいつか俳優としても、監督としてもご一緒したかった火野正平さん。

このお二人は尚更でした。フレームの中で存分に暴れて頂きました。

またいつか一緒の空気を吸いたいです!

(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon