古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

競合サイトの入札表示、グーグルが欧州委員会に提案=関係筋

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/19
競合サイトの入札表示、グーグルが欧州委員会に提案=関係筋 © REUTERS 競合サイトの入札表示、グーグルが欧州委員会に提案=関係筋

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルが商品リスト広告に、競合買い物サイトをオークションで表示する提案を行っていたことが、関係筋4人の話で18日分かった。

買い物サービスで自社を優遇したとして、欧州連合(EU)の反トラスト当局はグーグルに対し、24億ユーロ(28億7000万ドル)という過去最高の制裁金を科した。

グーグルはこの判断を受け、8月29日付で上記提案を欧州委員会に提出していた。

ただ関係筋は提案について、EU当局が示した問題に対応していないとの認識を示した。欧州委はグーグルに、競合他社と自社のサービスを均等に扱うよう命じている。

同筋の1人は、約束とは言えない提案内容との認識を示した。

欧州委のマルグレーテ・ヴェスタエアー競争政策担当委員は、同提案について、受け入れられるか判断するのは時期尚早と指摘。記者団に対し「現時点でどうなるのか言うことはもちろんできないが、市場の反応が考慮されることは明らか」との見方を示した。

グーグルが28日までに反競争的慣行を是正できなければ、親会社のアルファベットに1日平均売上高の最大5%の罰金が科される可能性もある。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon