古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

笑顔なし、力強く踊る古式フラ「カヒコ」の人気が高まる理由

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2017/09/21 MYLOHAS編集部
笑顔なし、力強く踊る古式フラ「カヒコ」の人気が高まる理由 © MEDIAGENE INC 提供 笑顔なし、力強く踊る古式フラ「カヒコ」の人気が高まる理由

日本でも人気のある「フラ」。「フラ」には、大きく分けてふたつの種類があります。「アウアナ」と呼ばれる現代フラと、「カヒコ」と呼ばれる古式のフラです。

華やかではない、古式フラがいま日本で注目されている

© MEDIAGENE INC 提供

日本で流行っているスタイルは「アウアナ」のこと。華やかな衣装を身にまとい、ハワイアンソングの伴奏に合わせて笑顔で踊るダンスです。ところが、近年、日本でも古典的なフラ「カヒコ」を学ぶダンサーが増えているのです。アウアナのような華やかさはないのですが、カヒコの人気が高まっているのはなぜでしょうか?

カヒコには観る人を強くひきつける魅力があります。力強く優雅な動きに真剣な表情。単なるダンスを越えたフラの奥深さが伝わってくるのです。カヒコの伴奏で使われるのは、ドラムなどの打楽器のみ。ビートにのせて詩が朗誦され、それに合わせて踊ります。ステップも手の動きも直線的で、柔らかい印象はなく、衣装も地味。基本的に笑顔もありません。

「カヒコ」とは、本来、神や王族に捧げるもので、聖なる儀式として行われてきたもの。日本でいえば神楽や能のように、神事として伝承されてきました。もともとフラには、アウアナのようなエンターテイメント性はなかったのです。

そもそも、ハワイでフラを学ぶ場合は、カヒコから始めるのが一般的なのですが、日本ではカヒコを教えられる指導者がいなかったこともあり、なかなか普及しませんでした。フラ人口が増え、フラへの理解が深まるにつれ、カヒコを踊りたいと思う人が増えてきたようです。

古典フラ「カヒコ」から学ぶ、神や家族との絆

© MEDIAGENE INC 提供

フラで最も大切なのは「つながり」を感じることだと言われています。自分をとりまく自然とのつながり、あまたの神々とのつながり、ご先祖様たちや、家族、子孫たちとのつながり。こうしたつながりを感じ、深めるためにフラがあるのです。

過去・現在・未来もふくめて、森羅万象とつながりを感じる」というフラの考え方は、ストレスフルな現代生活において、心を解きほぐす効用があるのだと思います。フラの練習のあとは、いつでも心身ともに、とてもくつろいだ気持ちになるのです。

現代の都市生活における大きな問題のひとつは、まさに「つながり」について。人間関係の希薄さから孤独を感じたり、逆に、切るに切れない人間関係にストレスを感じたりと、悩みを感じている人がたくさんいると思います。

日本でもカヒコを学ぶ人が増えているというのは、フラ本来の癒し効果を自然と感じ取っているからかもしれません。

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon