古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

第51回 “何を撮ったか”自動で分類してくれる「Impala」で写真を整理するのだ

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/06/10 10:58 ITMedia

 写真整理の基本って「いつどこで何を」撮ったか、に尽きるわけですよ。で、iPhoneの写真アプリってその辺を無視して全部一緒くたにしてくれるからあとから探すのが大変で困ったものなのだ。

 iOS7になって「いつどこで」を基準に区切ってくれる(コレクションとかモーメントとか)ようにはなった。

 しかし、残る「何を」撮ったかに至っては手つかず状態。

 何を撮ったかなんて撮った人にしか分からんだろ、といわれればそれまでなんだけど、実は、画像から何を撮ったかを判断する技術って各地で研究されてて、すでに使われ始めているのだ。

 例えば多くのデジカメは「シーン自動認識撮影」機能を持っているんだけど、あれはカメラ内で「人物か風景か夜景か」などを判断してる。GoogleもGoogle+ フォトにアップロードした写真に対して自動分類をしてる。

 iPhoneで撮った写真にも、「何を」撮ったか自動的にチェックして分類する機能が欲しい! そうすれば「いつどこで何を」の3拍子が(ある程度は)そろうじゃないか。大量に写真を撮る人にとっては、あとから写真を探すのが格段に楽になるじゃないか。

 そんな未来を垣間見せてくれるアプリが出たのである。

●Impalaで自動分類するのだ

 そのアプリが「Impala」(インパラ)である。

 Impalaを起動すると、iPhone内にある全画像を順番にチェックして自動的に分類してくれるのだ。いったい何をしてくれるのか。分類の様子をムービーに撮ったのでごらんあれ。

 面白いでしょ。写真をこうやって自動的に分類してくれるのだ。うちのiPhoneには1万枚以上の写真がはいってるけど、気長に待ってたら全部ちゃんと分類してくれた。

 そうそう、延々と分類させるとバッテリーをかなり消耗するので、いつでも充電できる自宅にいるときにやるのがいい。

 現在分類の対象になってくれるのは16種類。実際のわたしのiPhone写真分類結果を見ながらどうぞ。枚数が多い順に並んでおります。

 以上。

 屋内・屋外が多いのは当然として、建築→食べ物→猫という順番で、人物写真が少ないってとこに我ながらなんだかなあと思う次第。男性なんて何やらわからん木像(人じゃないし……)を含めても113枚ですから。女性の1/3……ってリア充な生活をしてるからではありません。職業柄です。赤ちゃんにいたっては自分で撮ったんじゃなくて、友達が送ってきた写真ですから。

 そう考えると、自分がどんなものをよく撮ってるかを見るのにもよさげなアプリともいえる。

 ちなみに猫があって犬はないのかよ……ってありません。開発元のWebサイトへいくと「sorry,no dogs」と謝ってる。でも総合的に分類のジャンルとしてはいい線いってると思う。試しに「猫」アルバムを開いてみる。

 見事に猫写真が並んでるのが分かるかと思う。同じ写真が混じっているように見えるけど、これはたぶん、カメラロールとフォトストリームの両方で写真が重複してたり、HDRのオンとオフで2枚あったりするせいかと思う。

 右上に「時間/スコア」とある。「スコア」はImpalaがその写真を判断したときの正確性。スコアが高いモノ(たとえばこれは猫である確率が高いぞ、ってもの)が上の方にきてるという意味。実際、どんどんスクロールさせていくと、「あまり確かではないもの」に切り替わる。

 確かに、よく見ると猫にまじって鳥の写真もあったりする。

 「猫」はびっくりするほど高い確率で分類してくれたけど、これが「男」になるとけっこうあやしくて面白い。

 短髪の女性や鎌倉の大仏、それにお地蔵様が混じっていたり、よく見るとソフトクリームとか人じゃないものまでピックアップされている。夕日と朝日になるとかなりいい感じで分類してくれてる。こうやって朝焼けや夕焼けの写真が並ぶときれいですな。

 基本的に「取りこぼすよりは、確率が低くてもそうかもしれないものは採用しちゃえ」という精神で分類しているようなので、そこはおおらかな気持ちで見てあげるのがよいかと。

 もし「いらんものがたくさん混じってて困る」と思ったら、手動で消せる。サムネイルを長押しすると左上に「×」がつくので、間違って分類されたものがあったらマメに消してやればいい。

 で、Impalaの機能はこれだけ。

 実用性よりは、Impalaを開発してる会社の技術デモみたいな性格が強いアプリだから、実用性はまだこれからって感じ。その辺はユーザーが一工夫すればよい。純正の「写真」アプリと連動させるのだ。

 Impalaでアルバムを開くと一番上に、「このアルバムをiPhoneフォトギャラリーに追加」と書いてある。これをタッチすると、iPhoneの写真アプリ内にアルバムが作られるのだ。実行したあとで写真アプリの「アルバム」を見るとこうなってるのである。

 iOSのアルバムは「カメラロール」などのフォトライブラリにある写真から「これとこれとこれ」ってピックアップしたカタログみたいなもの。だからアルバムが増えても写真本体はフォトライブラリにあるだけだからストレージが減ったりはしないし、アルバムを削除しても本体は消えない。便利なヤツなのだ。

 で、大事なのは新しい写真を追加して、Impalaがそれを分類すれば、フォトライブラリ側のアルバムもちゃんと更新してくれるということ。

 まあ、Impalaの自動分類がどのくらいアテになるかは微妙だけれども、個人的な感触としては「素晴らしいデキ」だ。たまに「これはちゃうやろ」というのがまじってるのは愛嬌ということでOK。

●「アルバム+」アプリも組み合わせてみる

 で、Impalaを使えば、「いつどこで何を」の「何を」部分をある程度自動的にやってくれるのが分かった。

 でもImpala自体は分類してその中味を見ることしかできないし、アルバムに入れて写真アプリで見ても、写真アプリのアルバムでは写真がずらっと並ぶだけで、対象が大量にあると目で見て探すのは大変。

 そこで、Impalaと組み合わせて使ったら便利そうなアプリを組み合わせてみたい。

 わたしがふだん使っているアプリの中では、「アルバム+」がよさそうだ。

 iPhone内の写真を見るためのシンプルでかつ動作がサクサクと軽いアプリである。その軽さがよい。

 このアプリのウリは素早いカレンダー表示。右上のカレンダーアイコンをタップすると、カレンダー表示になり、写真を撮影した日にサムネイルが表示される。これがフォトライブラリのアルバムに対しても有効なのだ。

 まずさきほどの「猫 by Impala」アルバムを表示してみる。

 ここまでやってくれれば写真を探すのもぐっと楽になる。

 このアプリは写真をアルバムに登録したり、新しくアルバムを作る機能もよくできてるので、アルバムを使いこなしたい人にお勧め。

 ついでに、アルバムごとに撮影場所を示す地図も出してくれたら「いつどこで何を」の3つがそろっていうことなかったんだが、それは今後に期待ってことで。

 写真が多すぎてかなわん、って人はこういう一工夫をしてみるのも一興かと思います。

[荻窪圭,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon