古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米の政策巡る不透明感を懸念すべき━オーストリア中銀総裁=新聞

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/25

[ウィーン 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、米国の通商協定や税制改革などを巡る先行き不透明感を「懸念すべき」との考えを示した。

米の政策巡る不透明感を懸念すべき━オーストリア中銀総裁=新聞 © REUTERS 米の政策巡る不透明感を懸念すべき━オーストリア中銀総裁=新聞

25日付のオーストリア紙スタンダードが総裁のインタビュー記事を掲載した。総裁はワシントンで先週行われた国際通貨基金(IMF)・世界銀行の春季総会から戻ったばかり。

記事によると、総裁は「ワシントンで聞いた話では、トランプ氏とその陣営は大統領選で勝利するとは予想していなかったため、実際の政策運営について準備できていない。つまり、米経済の方向性が定まらない状態が当面続く可能性があるということだ」と語った。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon