古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米や同盟国への攻撃には「大規模な軍事措置」で対応=米国防長官

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/03

[ソウル/ワシントン 3日 ロイター] - マティス米国防長官は3日、北朝鮮の核実験を受け、ホワイトハウスでダンフォード統合参謀本部議長と臨んだ会見で「米国やグアムを含む米国領土、あるいは米国の同盟国へのいかなる脅威にも大規模な軍事措置で対応する」と警告した。また、その措置は「効果的かつ圧倒的な」ものとなると述べた。

米や同盟国への攻撃には「大規模な軍事措置」で対応=米国防長官 © REUTERS 米や同盟国への攻撃には「大規模な軍事措置」で対応=米国防長官

長官は「われわれは北朝鮮の完全な消滅を目指しているわけではない」とした上で「それでも、われわれはそのための多くの選択肢を持っている」と述べた。

これに先立ち、トランプ大統領は国家安全保障チームによる協議を開催。マティス長官は、大統領から米国が利用可能なすべての軍事的選択肢についての説明を求められたと明らかにした。

国連安全保障理事会は4日に今回の核実験について協議する予定。

マティス長官は、安保理理事国は「朝鮮半島の非核化を目指すことで一致している」と述べた。

これとは別に、トランプ大統領は3日、米国は北朝鮮を攻撃するかとの問いに、「そのうち分かる」と答え、北朝鮮への対応で軍事行動を排除しなかった。

大統領はまた、「私が以前指摘した、北朝鮮との対話を図る融和政策が機能しないということを韓国はようやく認識した」とツイート。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の下、核開発問題を巡り北朝鮮との対話を通じた解決を目指す韓国政府を非難した。

トランプ大統領は、米国が北朝鮮と取引する国との通商を停止する可能性も示唆。米国が韓国との通商停止を検討中との報道を受け、両国間の緊張が高まっている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon