古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米スナップ第1四半期、売上高・利用者数に失望感 株価急落

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/11

[10日 ロイター] - 写真・動画共有アプリのスナップチャットを運営する米スナップ(SNAP.N)が発表した第1・四半期(3月31日)まで決算は売上高が予想を下回った。交流サイト最大手の米フェイスブック(FB.O)との競争が激化するなか、ユーザー数の伸びも鈍化した。

今回の四半期決算は3月の新規株式公開(IPO)後初めて。決算発表を受け、株価は引け後の時間外取引で24.8%安の17.28ドルを付けた。

第1・四半期のデイリーアクティブユーザー(DAU)数は36.1%増の1億6600万人。伸び率は第4・四半期の47.7%、第3・四半期の62.8%から鈍化した。

第1・四半期のDAU数はJPモルガンが1億6900万人、モネス・クレスピ&ハートが1億7300万人と予想していた。

ただ、第1・四半期のDAUの伸び率はフェイスブックの18%やツイッター(TWTR.N)の14%と比べると高い水準となった。

フェイスブックは写真共有アプリの「インスタグラム」や対話アプリ「ワッツアップ」を買収するなど、スナップに類似した機能を提供することで攻勢を強めている。

スナップのエバン・スピーゲル最高経営責任者(CEO)は決算発表後のアナリスト会見でフェイスブックの攻勢について聞かれ、「クリエイティブな企業を目指すなら、優れた商品を作れば他社が模倣するという現実を受け入れ、それを楽しむ必要がある」と述べた。

米スナップ第1四半期、売上高・利用者数に失望感 株価急落 © REUTERS 米スナップ第1四半期、売上高・利用者数に失望感 株価急落

売上高は約4倍の1億4960万ドル。ただトムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均の1億5800万ドルには届かなかった。

ピボタル・リサーチのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は売上高について「かなり失望を誘う数字だった」と述べた。

ユーザー1人当たりの平均収入は181.3%増の0.90ドルだった。

純損失は22億1000万ドル(1株当たり2.31ドル)と、1億0460万ドル(同0.14ドル)から拡大。IPOに関連した株式報酬などが重しとなった。

ユーザーによる1日当たりの平均投稿数は30億超と、第3・四半期の25億超から増加した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon