古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米タイ首脳会談、関係改善の兆し トランプ氏は貿易赤字縮小望む

Reuters のロゴ Reuters 2017/10/03

[ワシントン 2日 ロイター] - トランプ米大統領は2日、訪米したタイのプラユット首相とホワイトハウスで会談した。両国の関係は、タイで2014年に軍事クーデターが起きて以来、冷え込んでいたが、今回の会談で関係改善の兆候が示された。

米タイ首脳会談、関係改善の兆し トランプ氏は貿易赤字縮小望む © REUTERS 米タイ首脳会談、関係改善の兆し トランプ氏は貿易赤字縮小望む

大統領は会談で、米国のタイとの貿易赤字を縮小したい意向を表明。タイの政府関係者に対し、「両国の通商関係は重要度を増している。タイは貿易相手として素晴らしい国だ」と述べた上で、「可能であれば、タイ側への輸出を増やしたい」と語った。

米通商代表部(USTR)によると、昨年の米国の対タイ貿易赤字は189億ドルだった。

オバマ前政権はタイの軍事政権を批判し、プラユット首相をホワイトハウスに招待することを拒否していた。

人権団体は、反対勢力を弾圧し、民主化を後退させた独裁者を認めるものだとして、今回の首脳会談に強く反対していた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon