古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米バージニア州の衝突、トランプ氏の「双方に責任」発言に批判拡大

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/16

[ワシントン/ニューヨーク 16日 ロイター] - トランプ米大統領が15日、バージニア州で白人至上主義団体と反対派が衝突した事件に関して「双方に責任がある」と発言したことに、批判が拡大している。共和党有力議員らが大統領に抗議したほか、メイ英首相も批判を表明した。

米バージニア州の衝突、トランプ氏の「双方に責任」発言に批判拡大 © REUTERS 米バージニア州の衝突、トランプ氏の「双方に責任」発言に批判拡大

大統領は15日、ニューヨークのトランプタワーでの記者会見で、バージニア州シャーロッツビルでの衝突について「双方に責任がある」と発言。さらに「双方に良い人々がいる」とも語った。

上院のマコネル共和党院内総務は声明を発表し、トランプ大統領を名指しはしなかったものの、米国は白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」やネオナチ・グループなどによる「憎悪と偏見のメッセージ」を許すことはないと言明した。

オハイオ州のケーシック知事は、NBCの番組「トゥデイ」で、「米大統領はヘイトグループ(人種差別などの扇動グループ)を糾弾すべきだ」と語り、さもなければ、こうした組織は自分たちが勝利したと感じ、同様の事件をまた引き起こすだろうと述べた。

共和党のグラム上院議員は声明で「大統領の発言は米国民を分断しており、救っていない」と批判した。

さらに、ブッシュ(父)とブッシュ(子)の両元大統領は共同声明を発表。「米国は常に人種偏見、反ユダヤ主義、そしてあらゆる形の憎悪を拒否しなければならない」と訴えた。

こうした反発は国内のみにとどまらず、メイ英首相も批判を表明。トランプ大統領のスタンスに関する記者団からの質問に対し、メイ首相は「ファシスト的な視点を持つ人と、それに反対する人が同等であるとは思わない。責任ある立場に就いている人すべてが、極右的な見解を非難することが重要だ」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon