古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米ホワイトハウス、ハリケーン支援金290億ドルを議会に要請へ

Reuters のロゴ Reuters 2017/10/04

[ワシントン 3日 ロイター] - 米ホワイトハウスは、ハリケーンに見舞われたプエルトリコやテキサス州、フロリダ州への支援金として、290億ドルを議会に要請する。ホワイトハウス当局者が3日、明らかにした。

要請は4日に提出される見通し。当局者によると、内訳は被災者救済で新たに約130億ドル、政府が運営する洪水保険プログラム向けに160億ドルという。

ホワイトハウスは議会が全米洪水保険プログラム(NFIP)に積み上がった160億ドルの債務を帳消しにするよう望んでいる。

同プログラムの保険契約件数は個人・法人合わせて約500万件。

議会関係者らによると、同プログラムは資金が枯渇寸前で、今シーズンの大型ハリケーンの襲来前に既に250億ドル近くの債務を抱えていた。

トランプ政権はまた、同プログラムのさまざまな改革を提案するという。

*内容を追加しました。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon