古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米ロ首脳、独G20の夕食会で非公式協議

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/19

[ワシントン 18日 ロイター] - 米国のトランプ大統領とロシアのプーチン大統領は、ドイツ・ハンブルクで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議の夕食会に参加した際、非公式の会談を行っていた。ホワイトハウス当局者が18日、明らかにした。

米ロ首脳、独G20の夕食会で非公式協議 © REUTERS 米ロ首脳、独G20の夕食会で非公式協議

両首脳は7月7日、2時間にわたる初の首脳会談を行ったが、これ以外に2度目の会談を非公式で行っていた。ただ、ホワイトハウスは、2度目の会談がどの程度の時間行われ、何が協議されたかは明らかにしていない。

米コンサルティング会社ユーラシアグループのイアン・ブレマー社長が顧客向けリポートで明らかにしたところによると、2度目の会談はG20で首脳らが配偶者と共に参加した夕食会で行われた。トランプ大統領は夕食会の途中で席を立ち、プーチン大統領と約1時間非公式に協議した。プーチン氏の通訳者だけが会談に参加したという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon