古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米・トルコ首脳が会談、堅固な関係を強調

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/16

[ワシントン 16日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は16日、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)と戦うクルド人民兵組織に武器を供与する米政府の決定を巡り両国の緊張が高まっていたものの、両首脳は会談後の共同記者会見で両国の堅固な関係を強調した。

トランプ大統領は「米国とトルコはすばらしい関係を築いており、今後さらに良くなる」とし、「われわれの関係が打ち負かされることはない」と語った。

エルドアン大統領も両国の関係は「際立っている」と強調したうえで、今回の訪米が「歴史的な潮の変わり目」になるとした。

米・トルコ首脳が会談、堅固な関係を強調 © REUTERS 米・トルコ首脳が会談、堅固な関係を強調

トルコがテロ組織とみなすクルド人民防衛隊(YPG)に米国が武器供与を決定したことについては、エルドアン大統領は米国を直接批判することは避けたものの、YPGに対する強硬な姿勢は崩さなかった。

「われわれの地域の将来にテロ組織が存在する余地はない」とし、YPGは「決して容認しない」と断言した。

エルドアン大統領は今回の会談前、トランプ大統領に武器供与を巡る決定の撤回を求める考えを示していた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon