古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米上院、オバマケア廃止法案否決 「スキニー」案で範囲縮小視野に

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/26

[ワシントン 26日 ロイター] - 米上院は26日、医療保険制度改革法(オバマケア)の大部分を廃止する法案を45対55の反対多数で否決した。オバマケアを2年後に廃止し、その間に代替案を策定するという案だったが、共和党議員7人が反対した。

上院では今週、オバマケア改廃に向けた複数の法案が採決される見通しだが、25日には共和党が5月から調整してきた法案が既に否決されている。

米上院、オバマケア廃止法案否決 「スキニー」案で範囲縮小視野に © REUTERS) 米上院、オバマケア廃止法案否決 「スキニー」案で範囲縮小視野に

共和党指導部の間では、廃止の範囲を縮小した「スキニー」と呼ばれる廃止法案への支持を集めようとする動きが出ている。

共和党議員によると、「スキニー」廃止法案の内容はまだ固まっていないが、個人の保険加入義務および雇用主に対する従業員への保険提供義務と、医療機器メーカーに対する課税のみを廃止する内容となる可能性がある。

下院は5月に代替法案を可決しており、上院でなんらかの法案が可決されれば、上下両院協議会で調整を行うことになる。両院協議会が新たな法案で合意すれば、上院と下院の双方での可決が再び必要になり、成立には数カ月掛かる可能性がある。

共和党のコーカー上院議員は「(上院の法案は)必ずしも内容で判断されるのではなく、上下両院協議会での調整に持ち込むための手段としてみられる」との考えを示し、「それが最後のチャンスになる」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon