古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米下院、10月5日に予算決議案採決へ 可決の見込み=予算委員長

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/29
米下院、10月5日に予算決議案採決へ 可決の見込み=予算委員長 © REUTERS 米下院、10月5日に予算決議案採決へ 可決の見込み=予算委員長

[ワシントン 28日 ロイター] - 米下院予算委員会のダイアン・ブラック委員長は28日、税制改革法案の進展に必要となる2018会計年度予算決議案について、共和党は可決に必要な支持票が十分集まっていると述べ、10月5日に本会議で採決するとの見通しを示した。

同委員長は、ロイターに対し「確実に支持が得られると思う。税制改革に期待が集まっている」と語った。

予算決議案を可決することで共和党は財政調整法を活用して、上院で単純過半数の51票で税制改革法案を通過させることが可能になる。共和党は定数100の上院で52議席を占める。同法なしでは60票が必要。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon