古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米下院監視委委員長、フリン氏訪ロ時の金銭受け取りは違法と指摘

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/26
米下院監視委委員長、フリン氏訪ロ時の金銭受け取りは違法と指摘 © REUTERS 米下院監視委委員長、フリン氏訪ロ時の金銭受け取りは違法と指摘

[ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米大統領が就任する前のロシア当局者との接触を巡り辞任したマイケル・フリン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)について、米下院監視政府改革委員会のチェイフェッツ委員長(共和党)は25日、2015年のロシア訪問で金銭を受け取ったことについてフリン氏が承認を得ていなかったことは法律に違反するとの認識を示した。

2015年のロシア訪問で、フリン氏はプーチン大統領と夕食をともにしている。

チェイフェッツ委員長は記者団に「フリン氏は外国政府から金銭を受け取る場合は承認を得る義務がある。フリン氏が承認を得ようとしなかったようだ」と語った。

下院監視委は、フリン氏がロシアやトルコなど外国からの金銭受け取りを完全に開示しているか調査している。

チェイフェッツ委員長は「元軍幹部として、ロシアやトルコなどから金銭を受け取ることはできない。彼はそれをしたようだ。それは不適切で、法律違反の影響が出ている」と述べた。

フリン氏は、昨年12月に駐米ロシア大使と接触したことを巡り、2月13日に辞任に追い込まれた。

下院監視委の民主党トップのカミングス議員は、フリン氏が金銭の受け取りについて完全に明らかにしていないようだと指摘し、完全に開示しないのは重罪になると述べた。

フリン氏の弁護士は、ロイターの取材には回答しなかったが、ABCニュースに対し、フリン氏がロシア訪問前後に国防総省の国防情報局に報告したと述べた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon