古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米個人消費予想届かず、物価は1年半ぶりの低い伸び

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/31

[ワシントン 31日 ロイター] - 米商務省が31日発表した7月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.3%増と、市場予想の0.4%増をやや下回った。

また米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比で2015年末以来、約1年半ぶりの低い伸びとなり、FRBが12月に利上げを行うとの見方が弱まりそうだ。

6月の個人消費支出は当初発表の0.1%増から0.2%増へ上方改定された。

7月米個人消費予想に届かず、物価は1年半ぶりの弱い伸び © REUTERS 7月米個人消費予想に届かず、物価は1年半ぶりの弱い伸び

コアPCE物価指数は前月比0.1%上昇し、6月と同じ伸びとなった。前年同月比では1.4%上昇と、15年12月以来の小幅な伸びだった。6月は1.5%上昇していた。指数は過去5年間、FRBが目標とする2%を下回り続けている。

個人消費の伸びが緩やかであることに加えインフレ圧力は弱く、FRBが12月に再び利上げに踏み切るかは微妙だ。FRBは今年、2回利上げしている。

一方、9月には4兆2000億ドル規模の米国債や住宅ローン担保証券(MBS)といった保有資産を縮小し始める旨を発表するとみられている。

7月のインフレ調整後の個人消費は前月比0.2%増だった。

個人所得は0.4%増加し、消費を後押しする要因となった。6月は横ばいだった。賃金・給与は0.5%増。貯蓄は5102億ドルと、6月の5157億ドルから減った。

MUFGの首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「インフレは現時点で低速車線上にあり、年内3回目の利上げを行う必要性に対し、FRB当局者らが慎重姿勢を示す公算が大きい」と語る。

モルガン・スタンレーの首席米エコノミスト、エレン・ゼントナー氏は「コアインフレ指標は前年比ベースでさらに鈍化した後に好転するとみており、FRBが9月会合で利上げを見送り、バランスシートのみに専念しやすくなる」と予想した。

CMEグループのフェドウォッチによると、金融市場が織り込む12月利上げ予想確率は31%程度と、先の時点での予想(約35%)から低下した。

*内容を追加して再送します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon