古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米原油先物が50ドル割れ、相場の持続性巡る懸念で

Reuters のロゴ Reuters 2017/10/04

[シンガポール 4日 ロイター] - 4日のアジア市場で原油先物は下落し、米WTI原油先物は一時1バレル=50ドルの水準を割り込んだ。第3・四半期の大幅上昇が年末まで持続しないとの懸念が相場の重しとなった。

米原油先物が50ドル割れ、相場の持続性巡る懸念で © REUTERS 米原油先物が50ドル割れ、相場の持続性巡る懸念で

米WTI原油先物11月限(CLc1)は0417GMT(日本時間午後1時17分)時点で0.42ドル(0.8%)安の1バレル=50ドル。

北海ブレント先物12月限(LCOc1)は0.38ドル(0.7%)安の55.62ドル。

市場参加者によると、第3・四半期の相場上昇は行き過ぎだったとの懸念が浮上した。ブレント先物は9月終盤に2015年半ば以来の高値を付けた。

サクソ・バンクのコモディティー戦略責任者は四半期見通しに関する投資家向け文書で、「ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)は相場上昇の持続を支援するほど強くない可能性がある。成長率の影響が大きい原油などのコモディティに関しては特にそうだ」と指摘した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon