古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米国でWindows 10のシェアが7を上回る 日本はどうだ?

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/02/07
米国でWindows 10のシェアが7を上回る 日本はどうだ?: 先進国を中心にシェアを伸ばしているWindows 10 © ITmedia PC USER 提供 先進国を中心にシェアを伸ばしているWindows 10

【連載】鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

 業務用途を中心に、いまだユーザー数の多いWindows 7。2020年1月の延長サポート終了までには約3年の猶予があるが、先進国を中心にWindows 10のシェアは着実に伸びている状況だ。それを象徴するような現象が一部で話題になっているので取り上げたい。

●米国や欧米でWindows 7のシェアを上回るWindows 10

 それは、米国でWindows 10のOSシェアがついにWindows 7を逆転したというトピックだ。StatCounterによる2016年12月のデスクトップOSシェア集計によると、Windows 10が31.44%で、Windows 7の31.04%をわずかだが上回った。

 StatCounterは後述のNetMarketShareと合わせて、OSやWebブラウザの利用シェアを知るうえで有力な参考データとして知られる。ただし、両サイトは集計方法などの違いからシェアに乖離(かいり)が出やすい点はあらかじめお断りしておく。

 こうした傾向は米国に限らず、先進国を中心に一部地域で当てはまる。

 英国では、2016年6月時点で既に両OSの逆転現象が発生していた。2016年7月29日にWindows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレードキャンペーンが終了し、終了直前まで移行ラッシュが続いたことは記憶に新しい。英国におけるWindows 10への移行は順調に進んでおり、そう遠くない時期にデスクトップOSシェアの5〜6割を占めることになるだろう。

 これとほぼ似たような推移をたどっているのがオーストラリアだ。調べてみるとニュージーランドもほぼ同じ遷移となっており、2016年6月が転換点だったことが分かる。

 また多少の乖離はあるもの、フランスなど欧州の各国も英国に似たシェア推移を描いており、やはり無料アップグレードキャンペーン終了時期が1つの目安となっている。

 ただ、IT投資には比較的保守的といわれるドイツでは移行に時間がかかっているようで、米国同様に2016年12月に初めて両OSのシェアが逆転している。

 なお、StatCounterのシェアはユーザーのPC利用状況によってかなりの変動があり、必ずしもシェアの集計結果が安定しない。例えばアイルランドでは英国同様に2016年6月に両OSのシェアが逆転したものの、そこからわずか数カ月で再逆転している(つまりWindows 7のシェアが再びWindows 10を抜いた)。

 とはいえ、地域ごとにシェアの推移に特色があるのは興味深い。

●日本でのシェアは小差ながら逆転には至らず

 それでは日本のデスクトップOSシェアはどうだろうか。推移としては米国に似ているものの、まだWindows 10とWindows 7のシェアは逆転していない。しかし両OSのシェアが小差になってから半年近くが経過しており、2〜3カ月のうちに逆転する可能性が高いと言える。

 直近でMicrosoftが仕掛けるイベントとしては、Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」が2017年3月末ごろまでにリリースされる見通しだ。また、AR/VR向けの新プラットフォーム「Windows Holographic」などWindows 10の利用を前提とした新しい仕組みも整備されつつある。レガシーな資産にこだわりがない限り、Windows 10の利用メリットは今後も高まっていく。

 課題とみられていたゲーム用途でもWindows 10のシェアは伸びており、ゲーム配信プラットフォームのSteamにおけるOSシェアは、2016年12月にWindows 10が50%を超えてトップとなり、3割強のWindows 7を引き離している状況だ。

●ワールドワイドではまだまだWindows 7のシェアが高い

 このようにWindows 10とWindows 7のシェア逆転は少なくない地域でみられる一方で、StatCounterによる世界全体での集計結果は2016年12月時点でWindows 7が40.23%、Windows 10が27.15%と大きく開いている。同様に、NetMarketShareによる2016年12月の集計結果でもWindows 7が48.34%、Windows 10が24.36%とやはり倍近い差がある。

 この違いはどこで生まれているのか。その答えはStatCounterで中国のシェアを調べればすぐに分かる。同国ではWindows 7のシェアがいまだ5割近くあり、なんとサポートがとっくに終わったWindows XPのシェアも2割近いのだ。Windows 10も伸びており、2016年12月にはWindows XPを抜いてシェア2位となったものの、他の地域とはトレンドが大きく異なる。

 全体的な国の数やユーザーの数としては、前述のような先進国よりも新興国の方が多く、それらは中国に近いシェアの推移だと推察される。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon