古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米大富豪W・バフェット氏の長男、イリノイ州の保安官に就任

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/20 10:52

[15日 ロイター] - 米国の投資家で大富豪、ウォーレン・バフェット氏の長男、ハワード・バフェット氏(62)が15日、米イリノイ州の人口10万人ほどの町、メイコン郡の保安官に指名された。

同氏は2014年9月から、同郡の保安官代理を務めていた。2008年から保安官を務めていたトーマス・シュナイダー氏が引退したためで、今年中に新たな保安官が選出されるまでの間、バフェット氏が保安官を務めることになった。

米大富豪W・バフェット氏の長男、イリノイ州の保安官に就任 © REUTERS 米大富豪W・バフェット氏の長男、イリノイ州の保安官に就任

同氏はこれまでに3300時間を超えるパトロールやトレーニングをこなしているほか、テーザー銃やピストル、ライフル銃、散弾銃など76に及ぶ武器の所持免許を持っている。

バフェット氏は、父のウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの役員で、87歳の父親が退いた後は同社の非執行会長に就くと予想されている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon