古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米大統領、イラク空爆当面見送り=包括戦略に焦点―WSJ

時事通信 のロゴ時事通信 2014/06/18 JIJI Press

 【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は17日、オバマ大統領がイラクで攻勢を強めるイスラム過激派への空爆を当面見送ることを決めたと報じた。ホワイトハウスで18日に行われる民主、共和両党の議会指導者との会談で、こうした方針を伝える。

 同紙によると、大統領が現時点で空爆を控えるのは、過激派の攻勢を阻止するための標的に関する十分な情報の欠如などが理由。イラク軍への情報提供や同国内の宗派対立解消へのてこ入れを継続し、域内の同盟国の支援を模索する。

 米政府高官は、同紙に対し「大統領が焦点を合わせているのは、単に素早い軍事行動ではなく、包括的な戦略だ」と指摘。イラク支援の幅広い取り組みの中で、軍事的な要素も含まれる可能性があると説明した。 

image beaconimage beaconimage beacon