古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米大統領、スカラムチ広報部長解任 首席補佐官が規律求める

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/31

[ワシントン 31日 ロイター] - 米ホワイトハウスは31日、トランプ大統領が、10日前に広報部長に起用したアンソニー・スカラムチ氏を解任したと明らかにした。関係筋によると、他のホワイトハウス幹部に対する暴言が理由。

政権当局者は、28日に解任されたラインス・プリーバス氏の後任として大統領首席補佐官に31日就任したジョン・ケリー前国土安全保障長官が就任初日に、スカラムチ氏の解任を要請したと語った。関係筋は、政権中枢の確執が表面化していたホワイトハウスに規律をもたらしたいというケリー氏の意向が働いたとしている。

「街に新たな保安官が登場した」と、トランプ氏の元選挙顧問のバリー・ベネット氏は述べた。

トランプ氏に近い共和党筋によると、大統領は週末にかけてスカラムチ氏の処遇に頭を悩ませ、複数の補佐官や顧問に意見を求めたところ、全員がスカラムチ氏の解任を進言したという。

トランプ氏は、スカラムチ氏が米誌ニューヨーカーの取材に対して行った乱暴な発言を不快に感じていたという。また、2016年の米大統領選で、当初は共和党候補者の指名をトランプ氏と争ったスコット・ウォーカー氏とジェブ・ブッシュ氏の資金集めに協力していたスカラムチ氏が、トランプ氏との友人関係を誇張しているように見えたことにもいら立っていたという。

そこでトランプ氏は、スカラムチ氏の解任を決めたと、この共和党筋は語った。同氏の解任を望んでいたケリー大統領首席補佐官が、31日朝にスカラムチ氏を自分のオフィスに呼び、その場で解任を告げたという。ケリー氏が大統領首席補佐官に就任して行った最初の行動の1つだった。

「ホワイトハウスの素晴らしい日だ」と、トランプ氏は31日夕にツイートした。

スカラムチ氏の解任に先立ち、共和党が公約する医療保険制度改革法(オバマケア)の見直しが米議会で頓挫したことに加え、政権中枢の確執が表面化してスパイサー前大統領報道官とプリーバス前大統領首席補佐官が相次いで辞職するなど、米政権は揺れに揺れていた。

スカラムチ氏は、ニューヨーカー誌に対し、プリーバス前大統領首席補佐官とバノン首席戦略官兼上級顧問の両氏を汚い言葉で非難していた。

ホワイトハウスのサンダース報道官は記者会見で「スカラムチ氏の発言は広報部長として不適切だったと大統領が感じたのは確か」と述べた。

報道官によると、ホワイトハウスでは今後、トランプ氏の長女イバンカさんやその夫で大統領上級顧問のジャレッド・クシュナー氏を含めた全スタッフが、まずケリー氏に全ての案件を報告する方式に改めるという。

米政権に近い共和党幹部によると、ばらばらだったホワイトハウスに規律をもたらすため、ケリー氏には幅広い権限が与えられた。

この幹部は、「物事が通常の手順通りに動くようになる」とした上で、イバンカさんとクシュナー氏も例外ではなく、「超法規扱いはなくなる」とした。

トランプ氏は7月29日夜、ホワイトハウス近くに自らが所有する高級ホテルの夕食会にムニューシン財務長官とロス商務長官を招き、スタッフの入れ替えを行うことを告げたという。ケリー氏も出席していた。

トランプ大統領は31日、ホワイトハウスの執務室にケリー氏と現れ、閣議では大統領首席補佐官としての同氏の仕事ぶりへの期待を語った。また、国土安全保障長官としての国境警備問題への取り組みを称賛した。

「非常に議論を呼ぶ状況だったが、あまり激論にはならなかった。そのこと自体、素晴らしいことだ」と、トランプ氏は述べた。

トランプ米大統領、スカラムチ広報部長解任=NYT © REUTERS トランプ米大統領、スカラムチ広報部長解任=NYT

共和党議員は、政権中枢の混乱が、オバマケア見直しの試みや税制改正に悪影響を及ぼす可能性を懸念していた。

スカラムチ氏解任のニュースを受けて、ドルはユーロと円に対し下落。対ユーロでは約2年半ぶり安値、対円では1カ月半ぶり安値に沈んだ。

*内容を追加します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon