古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米大統領が議会指導部と会談、オバマケア代替案の可決要請

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/07

[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領は6日、共和党の議会指導部とホワイトハウスで会談し、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の可決を求めた。同法案は5月に下院を通過。共和党幹部は、上院でも夏の休会前の7月に採決に持ち込めるのではないかとの期待を示している。

トランプ大統領は審議の進展を歓迎。「上院が(下院に)続いて、今年夏に可決すると確信している。そうなれば、素晴らしいヘルスケアが実現できる。期待している」と述べた。

会談には、共和党のマコネル上院院内総務、コーニン上院院内幹事のほか、ライアン下院議長、マッカーシー下院院内総務、スカリス院内幹事が参加した。

マコネル院内総務は、上院共和党が合意に「近づいている」と発言。具体的な日程には言及しなかったが、複数の共和党幹部は7月初旬までの採決に期待を示している。

*見出しを修正します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon