古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米大統領の公式Twitterアカウント移行ミスで56万人が意図せずトランプ氏をフォロー(修正済み)

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/01/21
米大統領の公式Twitterアカウント移行ミスで56万人が意図せずトランプ氏をフォロー(修正済み): ドナルド・トランプ氏のものになった@POTUSアカウント © ITmedia ニュース 提供 ドナルド・トランプ氏のものになった@POTUSアカウント

 ドナルド・トランプ氏が1月20日(現地時間)の就任式で正式な第45代米国大統領に就任し、ホワイトハウス(連邦政府)の公式Webサイトや大統領のSNS関連の公式アカウントも新政権に移行した。

 ところが、Twitterアカウント「@POTUS」の移行プロセスに問題があり、約56万人が意図せずトランプ氏をフォローしてしまった。ユーザーからの苦情を受けてTwitter Supportのアカウントが20日の午後7時過ぎに「@PUTUSフォロワーの移行で問題が発生したことを確認し、調査中です」とツイートした。

 その約9時間後に「問題を解決した」とツイートした。約15時間後に同社のジャック・ドーシーCEOが調査結果を自身の9連続ツイートで説明した。

 @POTUS(President Of The United Statesの略)アカウントは、オバマ政権が2015年5月に開設した米大統領の公式アカウント。同政権は2016年10月、大統領の公式アカウントはTwitterを含めてすべて、次の政権に引き継ぐと発表した。

 予定では、@POTUSのそれまでのフォロワーは米東部時間の1月20日正午に、@POTUSに加えて新しいオバマ氏の“前大統領公式アカウント”である「@POTUS44」も自動的にフォローすることになるはずだった(@POTUSのフォロー解除はされない)。

 だが、切り替え予定時間前から@POTUS44をフォローしていたユーザーと、@POTUSのフォローを解除していたユーザーの両方が、@POTUSをフォローするようになってしまったとドーシー氏は説明した。

 同氏は「この問題は約56万人に影響を与えた。これはミスであり、正しくないことであり、われわれの責任だ。謝罪する。言い訳はできない」とツイートした。

 @POTUSのフォロワー数は、2016年10月末時点で1109万人だった。本稿執筆現在は14159万人になっている。@POTUS44のフォロワー数は14438万人だ。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon