古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米失業保険申請24.1万件に増、雇用引き締まり続く

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/22

[ワシントン 22日 ロイター] - 米労働省が22日に発表した17日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比3000件増の24万1000件だった。小幅に増加したものの依然として雇用市場は引き締まっている。市場予想は24万件だった。

前週の数字は当初発表の23万7000件から1000件多い、23万8000件に改定された。

米失業保険申請24.1万件に増、雇用引き締まり続く © REUTERS 米失業保険申請24.1万件に増、雇用引き締まり続く

新規申請件数は30万件を切ると労働市場は力強いとされる。件数は120週連続でこの水準を下回っており、その期間は労働市場が今よりずっと小さかった1970年に記録して以来の長さとなる。

週ごとの変動をならし情勢をより正確に反映するとされる4週移動平均は1500件増の24万4750件と、4月上旬以来の高水準だった。

多くのエコノミストは現在の労働市場が最大雇用か、これに近い状態だとみている。5月の失業率は16年ぶりの低水準となる4.3%へ低下した。

米連邦準備理事会(FRB)は15日、政策金利を0.25%ポイント引き上げた。ここ3カ月で2度目の利上げだった。年内にあと1回金利を引き上げる見通しを維持した。

FRB当局者にとって雇用市場の引き締まりが利上げを後押しする要因だった。ただ著しい物価上昇はまだみられていない。物価上昇圧力が最近後退していることを受け、物価をFRBの目標とする2%にもっていくことが困難であるとの懸念を示し始めたFRB当局者もいる。

労働省のアナリストによると、今回の失業保険申請件数に影響を及ぼすような特殊要因はなかった。ルイジアナ州のみ推計値だった。

2週間以上手当を受けている失業保険受給者の総数は、10日までの週で8000件増の194万4000件だった。10週連続で200万件を下回っており、雇用市場のスラック(需給の緩み)が消えつつあることを示唆した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon