古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米民主党議員、フリン前大統領補佐官の中東訪問で情報提出要請

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/20

[19日 ロイター] - 米大統領補佐官(国家安全保障担当)だったマイケル・フリン氏の機密情報取り扱い許可について調査している民主党議員は19日、フリン氏が2015年のサウジアラビア訪問で宿泊先として報告したホテルや、出席したとする会合の記録が確認できないと明らかにした。

下院監視・政府改革委員会のイライジャ・カミングス議員と下院外交委員会のエリオット・エンゲル議員は、フリン氏が勤務した複数企業への書簡で、同氏がサウジやロシアなどで従事した業務に関する文書提出を要請した。両議員は、フリン氏が2016年に機密情報取扱いの許可の更新を申請した際、海外渡航や取引先に関する正確な情報を示さなかったとしている。

米民主党議員、フリン前大統領補佐官の中東訪問で情報提出要請 © REUTERS 米民主党議員、フリン前大統領補佐官の中東訪問で情報提出要請

フリン氏は2015年10月のサウジ訪問を明らかにしたものの、重要な詳細を省き、出席した可能性のある会合や宿泊先は確認できないという。

また両議員は、フリン氏が、米ロが共同で行いサウジが出資する核施設の開発に関連して2015年夏に中東を訪問したとするニューズウィーク誌の報道に言及。報道内容が正しければ、この訪問や外国政府とのやり取りを報告しなかったことは、法律違反に当たる可能性があると指摘した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon