古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米経済成長、規制緩和で今よりも堅調に=ロス米商務長官

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/01

[ビバリーヒルズ 1日 ロイター] - ロス米商務長官は1日、トランプ政権が規制緩和をうまく進めれば、米経済成長が今よりも堅調にならない理由はないとの考えを示した。

米経済成長率が2.0─2.5%にとどまれば「非常にがっかりする」と述べた。また今年中に税制改革を実行できることを願っていると明らかにした。

米経済成長、規制緩和で今よりも堅調に=ロス米商務長官 © REUTERS 米経済成長、規制緩和で今よりも堅調に=ロス米商務長官

「規制による足かせを取り除くことができれば、今よりも経済が堅調にならない理由はない」と語った。

米政府がカナダ産針葉樹材の輸入に平均20%の相殺関税を適用すると決定したことに関しては、カナダが通商協定を守っていなかったことが理由だと説明した。

相殺関税の適用で、米国の建設業者は、新築住宅価格の値上がりによる打撃を受ける可能性はないかとの質問に対しては、住宅価格の値上がりは、トランプ政権への市場期待やこれまでの供給不足といった他の要因によるものだ、と説明した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon