古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米議会、9月末までの予算案で合意 政府機関の閉鎖回避

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/01

[ワシントン 30日 ロイター] - 米議会共和党と民主党は30日夜、2017会計年度末(9月末)までの資金を手当てする約1兆ドル規模の予算案について合意した。 今週末に政府機関が閉鎖される事態を回避した。

米下院歳出委員会の共和党メンバーの報道官は「合意は保守派の優先事項を前に進めるもので、政府の不可欠な機能も保たれる」と述べた。

民主党のシューマー上院議員は声明で「米国民にとって良い合意だ。政府機関が閉鎖される恐れがなくなった」と指摘。医療研究、教育、インフラへの投資拡大が含まれると説明した。

議会筋は予算案について、国防費を125億ドル増額した上で、トランプ氏が求めている過激派組織「イスラム国」(IS)対応策でさらに25億ドル積み増す可能性があると明らかにした。

米議会、9月末までの予算案で合意 政府機関の閉鎖回避 © REUTERS 米議会、9月末までの予算案で合意 政府機関の閉鎖回避

トランプ氏は大統領選中に米軍の戦力強化を訴え、国防費を300億ドル増額するよう求めていた。

<壁建設費用は見送り>

メキシコとの国境上の壁建設など、ホワイトハウスが主張していたいくつかの主要な政策は予算の手当てが見送られた。

議会関係者によれば、代わりに国境警備強化で支出を15億ドル増やすことで合意した。新技術や既存インフラの改修などが含まれるとしている。

またプエルトリコ緊急援助で2億9500万ドルのメディケイド(低所得者向け医療保険)増額を盛り込んだという。

民主党は女性向け医療サービス団体「プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟)」の支援継続と、約20億ドルの米国立衛生研究所(NIH)の予算増額を勝ち取った。

トランプ氏は環境保護局(EPA)の予算を大幅に削減するよう主張していたが、議会筋によると今年度についてはプログラムの大半が継続されることになった。

政府機関の閉鎖を回避するためには5日までに下院と上院で可決する必要がある。

まず下院が今週早くに採決を行い、その後上院に送られる可能性が高い。同案が両院を通過しトランプ大統領が署名すれば、1月20日の大統領就任以来、初めて与野党が合意した重要法案が議会を通過することになる。

議会は28日、5月5日までの政府資金を手当てし、予算協議の期限を先延ばしする法案を可決しており、週末の政府機関の閉鎖は回避されていた。

*内容を追加します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon