古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米財務長官、3%経済成長率は達成可能との見方表明へ 18日公聴会

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/18

[ワシントン 17日 ロイター] - 米国のムニューシン財務長官は、上院の委員会が18日に開催する公聴会で、規制と税制の改革に向けた法案が成立すれば、米経済は3%の成長率を達成できるとの見方を示す。公聴会での発言原稿のコピーをロイターが確認した。

米財務長官、3%経済成長率は達成可能との見方表明へ 18日公聴会 © REUTERS 米財務長官、3%経済成長率は達成可能との見方表明へ 18日公聴会

ムニューシン長官は上院銀行・住宅・都市問題委員会に対し、トランプ政権は地方銀行に対する規制を緩和し、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の業務見直しを推進する方針だと表明する見通し。

「税制と規制の両方で歴史的に重要な改革を実施すれば、3%かそれを上回る経済成長率は達成可能だと考える」と述べる。

主要なエコノミストのほとんどは、人口の変化が景気に悪影響を与え、生産性の伸びが長く停滞していることから、年間成長率が2%を上回ることは難しいと指摘する。

一方、ムニューシン氏は、主要な経済政策について実施の時期などの詳細には触れないとみられる。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon