古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米FBI長官候補、大統領からの独立を約束 ロシア捜査支援へ

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/12
米FBI長官候補、大統領からの独立を約束 ロシア捜査支援へ © REUTERS 米FBI長官候補、大統領からの独立を約束 ロシア捜査支援へ

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領が連邦捜査局(FBI)長官に指名したクリストファー・レイ氏は12日、上院司法委員会の指名承認公聴会で証言し、大統領から独立して職務にあたり、FBIを政治的影響から守ることを約束した。

4時間半に及ぶ公聴会で、レイ氏は大統領に忠誠を誓うことを拒否するとともに、大統領から不正行為を要求された場合にはFBI長官を辞任する考えを述べた。

また、大統領が昨年の米大統領選へのロシア介入を巡る捜査を「魔女狩り」と呼んで批判していることについては「(捜査を指揮する)モラー特別検察官が魔女狩りを行っているとは考えていない」と発言。モラー氏の捜査を全面的に支援する意向を示した。

上院はレイ氏のFBI長官への指名を承認する見通し。長官の任期は10年。

レイ氏は政府機関で法律家のキャリアを積み、司法省次官補を務めた後、過去12年は民間法律事務所キング&スポルディングで企業弁護を担当してきた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon