古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

約5000円の3DイヤホンでVRコンテンツやゲームなどが楽しい!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/23
約5000円の3DイヤホンでVRコンテンツやゲームなどが楽しい! © KADOKAWA CORPORATION 提供 約5000円の3DイヤホンでVRコンテンツやゲームなどが楽しい!

ハイレゾ対応HDSS搭載3Dイヤホン「DN-914804」 ハイレゾ対応HDSS搭載3Dイヤホン「DN-914804」  たとえば、人柱精神。たとえば、妙に安いが気になる。たとえば、単純に上海問屋好き……。数多くの上海問屋製品の中には、価格からすると妙に性能のいいものがしれっと転がっている。  近年ではイヤホン・ヘッドフォンで顕著で、今回紹介するハイレゾ対応HDSS搭載3Dイヤホン「DN-914804」もそんな製品のひとつだ。 約5000円という価格ながらしっかりした作り なかなかしっかりした見た目 なかなかしっかりした見た目  本製品は、HDSSを搭載している。HDSSとは「High Definition Sound Standard」の略称で、環境に依存せず、歪みがなく、クリアな音を再生できる技術のこと。  加えて低コストで済むため、技術として登場してしばらく経っているが、立体感と定位の良さから3Dサウンド向きとして、採用例が目立っている。  上海問屋ではVRコンテンツや映画、ゲームにもOKとしているが、とても相性がいいといえるものだ。リスニングチェックについては後述するとして、まずは製品を見てみよう。  筐体は金属製になっており、9.2mmダイナミックドライバー、5mmETLモジュールを搭載。振動版はチタン製。再生周波数帯域は5Hz~70kHz、感度97dB、インピーダンス16Ωといったスペックである。  ケーブル長は約1.25m、Y型。端3.5mmミニプラグ側も金属部材を採用しており、ちゃんとケーブル断線防止処理もあるため、4999円という価格のイメージからするとしっかりしている。 ケーブルはY型。長さの調整にも対応 ボルトのようなデザイン。指でつまみやすい ケーブルはY型。長さの調整にも対応 ボルトのようなデザイン。指でつまみやすい  付属品が多いのも特徴。シリコンイヤーピースはS/M/Lサイズ用意されているほか、ダブルフランジシリコンイヤーピース×1、低反発ウレタンイヤーピース×1、ソフトケース、ケーブルクリップがある。  好みに応じてイヤーピースを変更できるのはうれしいし、低反発ウレタンイヤーピースは特に仕上がりが良く感じた。 イヤーピースは3種類が付属 イヤーピースは3種類が付属  イヤーピースで音の変化を楽しむという文化はすっかり定着しているが、初めてである場合は、付属品の多さも魅力となるだろう。 映画やゲームとの相性がいい3Dサウンド  上海問屋の説明によると、HDSSの特徴は以下の3つだ。 歪みのない正確で自然なサウンドの再生 3Dサウンドによる自然な臨場感の実現 心理的ストレスの緩和(聴き疲れしにくい)  設定された位置から音がするように聞こえやすく、自然で疲れにくいとなるわけだが、おおむね、そんなインプレッションを得ている。  VRコンテンツの場合、バイノーラル録音したものもあるが、音源の位置は明瞭だし、ある程度の距離感もちゃんとある。またバイノーラル録音でないものでも、同様に立体的な刺激を聴覚に受けるため、没入度も上昇しやすい。  映画やゲームとも相性がよく、爆発音は大きく広がるし、そんな状況下でもセリフはちゃんと聞こえてくる。  苦手、もしくは好みが分かれそうなのはヴォーカル曲で、ヴォーカルの音声が沈むケースもあったが(もちろん、そうでない曲もあった)、リズムゲームについては、妙な相性の良さを感じた。SEと曲が重なって邪魔という感覚をほとんど覚えなかったからだ。 ケーブル表面も処理が施されており、移動しながらの場合でもスレ音が気になりにくい パッケージを開くと、なぜか妙に日本的な模様である ケーブル表面も処理が施されており、移動しながらの場合でもスレ音が気になりにくい パッケージを開くと、なぜか妙に日本的な模様である  PCゲームを試してみると、FPSの場合、マザーボードに用意されている立体音響機能とももちろん相性がいい。真後ろからの音も分かりやすいし、銃撃と被りがちな足音も聞こえやすい。 1万円以下でゲーム用イヤホンが欲しい人は要検討  と、いいことずくめなのだが、音質については普通のものより少しいいくらいな印象であるため、人によっては特定用途用として聞こえてしまうかもしれない。  とりあえず、1万円以下でゲームなどを楽しむイヤホンが欲しいと考えているのであれば候補に入れてもOKだ。

約5000円の3DイヤホンでVRコンテンツやゲームなどが楽しい!

約5000円の3DイヤホンでVRコンテンツやゲームなどが楽しい!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon