古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

素肌をぼかすという新発想。クレ・ド・ポー ボーテの新作ファンデ

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/08/16 11:15 cafeglobe編集部
素肌をぼかすという新発想。クレ・ド・ポー ボーテの新作ファンデ © cafeglobe 提供 素肌をぼかすという新発想。クレ・ド・ポー ボーテの新作ファンデ

春先、秋前。年2回のタイミングでベースアイテムの発売シーズンが到来します。ビューティのニュースを追いかけるライターたちは、「次シーズンの仕上がりの肌トレンドはどんなだろう?」というのを、まずチェックするわけです。艶肌なのか、マットなのか、ソフトマットなのか。時期によって仕上がりの好みに違いが出るのは、理由の1つにファッションとの関連が挙げられます。シーズンを先取りして開催されるコレクションのランウェイで、服と相性のいいメイクアップが提示されるからです。

ただ、ふと思いました。湯上がりの艶と潤いがある素肌がもっとも美しいとされる、そして事実そうであることは、トレンドに関係なく不変の概念なのではないか? と。服とのコンビネーションも心がけたいところではありますが、肌のエイジングと向き合うわたしたちは、肌自体が美しく見えることを最重要視すべきだと、このたび思い直したのであります。

覆い隠さない。新発想のファンデーション

トレンドに左右されない人にお薦めしたいファンデーションが、「クレ・ド・ポー ボーテ」から登場する「ル・フォンドゥタン」。素肌を美しく見せるため、覆い隠してしまわない。じゃあ、どうやってカバーするの......? そう尋ねたくなる、新発想の製品です。

© cafeglobe 提供

「The Queen of Foundation」をコンセプトとする、新発想のファンデーション「ル・フォンドゥタン」。肌そのものを活かして美しく見せ、ふっくらと細かく整ったキメの美肌へと導いてくれる。30g 30,000円(税別)。7色展開。※2017年8月21日(月)発売。

同製品は「仕上がり」「テクスチャー」「スキンケア」が3本柱に据えられています。

従来、シミやくすみなどは覆い隠されてきました。ファンデーションで1枚の層が形成されるため、人から見えるのは肌上のファンデーションのみ。このため、一見美しいものの、どうしても人工的な印象が漂うのは免れませんでした。本製品では、光の透過性が高い半透明のオイルゲル基材を採用し、潤いのある奥ゆきのある艶を演出しつつ、色ムラなどの肌ノイズは光の拡散によってぼかして見せる設計。よって、人から見えているのはオイルゲル基材でぼかした素肌。必然的に自然な仕上がりになるのです。

また、乳化技術の進化により、スキンケアオイルを安定的に配合し、そのぶん粉末量を減らすことができるように。これに伴い、高級なクリームをのばしているかのような滑らかさでありながら、厚みがないので、肌ストレスフリーなテクスチャーが実現しました。

さらに保湿・整肌作用に定評のある独自成分、イルミネイティングコンプレックスEXを加え、スキンケア効果も搭載。使い続けることで美肌に導かれます。

「メイクアップ製品もスキンケア製品も、ここまで進化すると、「やられた!」と思う製品ってもう出てこないのでは」と、毎シーズン、各製品をチェックしながら思うのですが、ファンデーションに対する根底の概念からして異なるル・フォンドゥタンにはかなり驚かされました。いやはや、すごい時代になったものです。

クレ・ド・ポー ボーテ

電話:0120-81-4710(資生堂インターナショナル)

[クレ・ド・ポー ボーテ]

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon