古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

細部へのこだわりが半端ない 中国の“セーラームーンスマホ”は全世界で発売すべき

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/02
細部へのこだわりが半端ない 中国の“セーラームーンスマホ”は全世界で発売すべき: Meitu M8のセーラームーンバージョン。1万台の限定販売 © ITmedia Mobile 提供 Meitu M8のセーラームーンバージョン。1万台の限定販売

 日本の誇るマンガ・アニメ作品「セーラームーン」とコラボレーションしたスマートフォンが中国のスマートフォンメーカー「Meitu」(メイトゥ)から発売された。1万台の限定販売品で、もちろん正規にライセンスを受けた製品である。セーラームーン世代の女性たちが「ぜひ欲しい」と思えるだけではなく、これを持つとセーラームーンになりきれる、そんな細部までにこだわりを持たせた作りとなっている。

●セーラームーンのシルエットが映える、ピンク色のパッケージ

 Meituが発売したセーラームーンスマートフォンは、2017年5月に発表された同社のスマートフォン「M8」がベースとなっている。ハードウェアはM8そのもので、本体のカラーを変更し、専用のアクセサリーをセットにしたパッケージに入れて販売されている。価格は2999元(約4万9400円)で、1万台の限定販売となる。

 6月18日には一部がオンラインで販売されたが、深夜0時とともに一瞬で完売。6月25日には浙江省の杭州市のMeituショップで限定1000台が販売予定だったが、前夜からの来客の多さに急きょ中止になったほど。そしてそのMeitu店頭では約2倍の価格、5999元(約9万9800円)で販売されている。セーラームーンの人気は中国でも絶大なのだ。

 Meituは過去にハローキティやドラえもんとコラボしたスマートフォンを販売したことがあり、M8もセーラームーンだけでなくハローキティ版も販売されている。このようにMeituはキャラクターを採用した製品を何度も開発しているだけあって、今回のセーラームーンスマートフォンもその完成度は非常に高い。

 パッケージはピンク1色で、一見するだけで女性向けの製品であることが分かる。そしてパッケージの正面には金色でセーラームーンのシルエットと、製品名のM8の文字が大きく描かれている。パッケージだけを見ると、この中にスマートフォンが入っているとは思えぬ仕上がりだろう。なおセーラームーン版だけに付属する専用アクセサリーも付属しているため、標準版のM8よりもパッケージのサイズは大きい。

 パッケージの上ブタをまず左に開くと、今度はネコのイラストが目に入ってくる。これはセーラームーンのパートナー、ルナのものだろう。パッケージの中央には再び「Limited Edition」の文字があり、フタを開けるだけでも所有感が満たされるようだ。続けて中ブタを右へ開けると、M8セーラームーン版の本体がようやくお目見えする。なおM8の表面には左右のボタン類の簡単な操作が書かれた輸送時の保護フィルムが貼られているが、これは通常版のM8のものと同じものだ。

 このパッケージ内部の右側の「M8」と書かれた部分はポケットになっており、この中には説明書などが入っている。注目すべきはピンク色のクリーニングクロスで、このクロスにもルナのイラストが型押しされている。クロスを使えばM8本体を常にきれいに保てるが、セーラームーンファンなら、これは使わず永久的保存版としてパッケージの中に戻してしまうだろう。

●セーラームーンになり切れる本体とアクセサリー

 では本体を見てみよう。M8のスペックはプロセッサがHelio X20の10コア2.1GHz、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB、ディスプレイは5.2型フルHD、アウトカメラが2100万画素、インカメラが1200万画素のデュアルピクセル。しかしこのM8セーラームーン版を買う女性にとって、細かいスペックは気にならないだろう。またM8は最強のセルフィースマートフォンといわれており、自撮りをするなら他にライバルがいないほどの製品でもある。

 そんなM8のセーラームーン版は本体全体がピンク色に仕上げられている。表面は光沢があるが、安っぽさは感じられない。また側面はゴールドでふちどりされており、この価格帯の製品にしてはかなりの高級感を出している。この2色の組み合わせは上品であり、セーラームーンを抜きにしても女性が毎日持ち運びたくなるような仕上がりといえる。

 一方、背面側はセーラームーンのイラストが本体下部に描かれている。パッケージ、そして本体側面と同様に、これもゴールドのプリントだ。その上にはさりげなく「Meitu」のロゴも配置されている。なおカメラの左右に配置されているのはどちらもフォトライト。Meituのスマートフォンはセルフィーに強いが、メインカメラの性能も高い。室内での人物撮影時の時などに、このツインフラッシュは大きな威力を発揮する。

 外部コネクターはUSB Type-C。2016年発売の前モデル「M6」からType-Cを採用しており、このあたりは意外と先を読んだ設計となっている。本体下部にはイヤフォンジャックも備える。そしてSIMスロットは本体上部に備えるが、中国で一般的なデュアルSIM仕様ではなく、シングルSIMのみの対応となる。また外部メモリは利用できず、このあたりは割り切った設計になっている。

 電源を入れると、待受画面にはセーラームーンの時計ウィジェットが表示される。アイコンはMeituのスマートフォン共通の、六角形の本体形状を模した縦長のものが標準となっている。なお壁紙は他にセーラームーンのキャラクターのものが複数用意されている。プリインストールアプリはM8の標準版と同様、Androidスマートフォンとしては一般的なものと、Meituのオリジナルアプリなどが入っている。なおセーラームーン版の専用アプリは用意されていない。壁紙のバリエーションが標準版のM8との違いだ。

 M8セーラームーン版からは、本体だけではなく付属のアクセサリーにもMeituの本気度が感じられる。パッケージから本体を取り出すと、その下にはアクセサリーの入った小箱が3つ並んでいる。それぞれセルフィースティック、TPUカバー、シャッターリモコンなのだが、その出来がこれまた素晴らしいのだ。

 その中でもセルフィースティックは、セーラームーンの武器である「スパイラル・ハートムーン・ロッド」のデザインをそのままコンパクトな自撮り棒にしている。M8との接続はヘッドフォンジャックを使い、スティックの中央裏面のボタンを押すとシャッターを切れる。M8セーラームーン版を取り付けてセルフィーをすると、セルフィースティック正面のハートのマーク部分が外側に向けられる。つまり自撮りをする姿を他の人が見ると、スパイラル・ハートムーン・ロッドを持っていることが分かるようになっているのだ。

 またTPUの透明ケースは全体にラメがちりばめられており、これを本体に装着すると、よりゴージャスなイメージへと変身する。真ん中のマークはセーラームーンが変身するときに使うコンパクトのデザインだろう。

 女性向けスマートフォンを作っているMeituが、セーラームーン世代である20代半ばから30代半ばの女性に向けて本気で作ったM8のセーラームーンバージョン。販売先は中国、台湾香港のみとのこと。スマートフォンの性能は必要十分で、製品の仕上げもしっかりしているだけに、日本を含むグローバルでの販売も期待したいものだ。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon