古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

経営難のイタリア地銀、清算なら他行が110億ユーロ負担へ=関係筋

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/08

[ミラノ 8日 ロイター] - 事情に詳しい関係筋2人が明らかにしたところによると、経営難に陥っているイタリアの地銀、ポポラーレ・ディ・ビチェンツァとベネト・バンカが仮に清算された場合、他の健全な国内銀行は2行の預金者を保護するため総額110億ユーロ(124億ドル)の拠出を強いられる。

2016年末時点での2行の当座預金口座と定期預金の残高は240億ユーロ。イタリアの法律では1人当たり10万ユーロまで、健全な銀行が拠出する預金保険基金で保護される。

2行が清算された場合、他の国内銀行が基金の不足分を補充する必要が出てくる。

経営難のイタリア地銀、清算なら他行が110億ユーロ負担へ=関係筋 © REUTERS 経営難のイタリア地銀、清算なら他行が110億ユーロ負担へ=関係筋

イタリア政府は2行の救済に向け、インテーザ・サンパオロ(ISP.MI)やウニクレディト(CRDI.MI)といった大手を手始めに国内銀の説得を試みている。欧州連合(EU)当局は、12億ユーロの民間資本注入を政府による救済案の承認条件としている。

関係筋の1人によれば、ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は救済計画に積極的に関わっており、イタリア政府と欧州当局の双方と協議したという。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon